ZEH仕様の住まいにするためには、創エネ・省エネ・断熱の4つの基準を満たす必要があります。
「太陽光発電」で電気を創り「IoT」・「HEMS」で賢く使い、「高断熱」で無駄を減らします。
「IROHA.IE ZEH × sola0」は標準仕様で、ZEHに必要な基準に対応しています。

ZEHが当たり前、そんな時代が 来ています。

今、私たちの暮らしが変わりはじめています。日本の住宅事情は地球環境の配慮と自然エネルギーの利用を考えた暮らしの実現のため基準が大きく変化していくことが決まっています。これからご紹介するZEH(ゼロエネルギーハウス)は国の方針に沿って地球環境にやさしく、お財布にもやさしい、建てた人の満足を末永く実現する未来基準住宅です。


ゼロエネルギーハウスはこんな家

ゼロエネルギーハウス、ZEH(ゼッチ)など数種類の呼び名がありますが、その定義について説明 します。ゼロエネルギーといっても生活のために電気などのエネルギーは必ず使います。 ハイテク機器で省エネな暮らしをできるだけ実現した上で、太陽光発電などで創電して暮らす。 その結果、電気を買わずに自給自足の暮らしが叶う、余った電気を電力会社に提供して収入になる、 そして結果的にエネルギーがプラスマイナスゼロになる家です。

毎日を 快適・健康的・経済的に過ごすための設備

太陽光パネル

自然の太陽光のエネルギーと高性能の太陽光モジュールにより、家庭内にたくさんの電気をつくることができます。CO2削減効果もあり地球環境保護にも貢献しています。

吹付断熱

現場発泡ウレタン断熱材による隙間のない施工で高い断熱性能と気密性を実現し冷暖房費を大幅に削減できます。細かな気泡構造は吸音性にも優れ、防音効果も高まります。

HEMS

家庭内の電力を見える化し、結果を分析できるから、節約意識が高まります。

IoTがあなたの くらしを もっと便利に お手伝い

スマートな暮らしをアシストするために必要な機器類を家にセッティング。今までより便利に、できることを広げて新しい体験が始まります。

今や何でもネットで つながる時代。

家も車も家電も、ネット経由で新しい機能や操作できることなどがどんどん増えてきています。 ネットにつながっているから、システムの更新によって新しい機能が追加されます。 IoTを取り入れると、在宅時はもちろんのこと、出先からスマホで操作できることも増えます。不在でも自分の自宅とつながれる、「留守」の概念が変わる生活が待っているかも・・・!

いつもの毎日が、もっと賢く便利になる暮らし

声で操作ができるから簡単で便利

大人だけでなく、子どもや高齢者の方でも声での操作ができて便利です。覚えるのは話し方だけ。また、音声操作をすることで、危険な誤操作や事故を防ぐことができて安心です。

朝のアラームや寝る前の消灯も簡単設定

「明日の朝6時半に起こして」、「30分後に消灯をお願い。」と話しておくだけで、起きる時も寝る時も簡単に設定ができて便利です。

スケジュールが簡単設定できる

「来週は午後から参観日があるわ。」そんな時も忘れずにスケジュールをメモすることができて便利です。AIスピーカーに向かって話しておくだけで簡単に設定できるから活用しやすいです。

レシピの検索で献立のお手伝い

毎日悩む献立。そんな時も家にある材料などを声で伝えて作れるレシピを検索してくれます。困った時、いつもと違うメニューを試してみたい時にとっても便利です。

出先から自宅の「気になる」を確認・操作できる。

出先でも家の様子がわかる、カメラ付き

大人だけでなく、子どもや高齢者の方でも声での操作ができて便利です。覚えるのは話し方だけ。また、音声操作をすることで、危険な誤操作や事故を防ぐことができて安心です。

自動設定・履歴の表示で閉め忘れの不安を解消

履歴をアプリ上で表示できるから、施錠・開錠の確認、操作が簡単に行えます。他にも一定時間が経過すると自動ロックするなどの設定も可能です。

帰りのエアコン操作で快適な帰宅

お出かけ先での暑さ・寒さは仕方ない。でも、帰ったら快適温度でゆっくりしたい。出先からエアコンを操作しておくことで室内を適温にできるから、帰宅後もすぐにくつろげます。

光熱費の家計管理がスマホでできる

家族のために家計を管理しているママに助かる機能。電気をいつ、いくら、どの家電が使ったか、過去の電気代、今月の電気代、もっと節約・節電できる方法、そういったデータが全部分かります。しかも、家電が壊れる予兆も分かるため、修理や買い替えの予定も立てやすくなります。

※IoTサービスの一例であり、ご提供内容は市場変化に合わせて予告なく変わることがあります。

IROHA.IEの最大の特徴は、ワンプライスで家が建つこと。
ルール内であれば価格はそのまま

「間取りは完全自由設計」

建設に関する専門の知識や間取りについてわからないことは
プランナーやコーディネーターがサポート致します。

お問合せ・資料請求