お金の話

住宅ローンの繰り上げ返済で金利はどれくらい変わるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンの金利は、景気により変わっていきます。今回は、金利を見ながら返済していく変動金利型の繰り上げ返済についてご紹介します。

 

住宅ローンは早く返済した方がいい?

一般的に住宅ローンは定年までに返済した方が良いと言われています。理由は、定年後の収入がなくなった際に住宅ローンを払っていける状況であるか分らないからです。将来、年金をもらえなくなる人もいると言われている時代、住宅ローンを残すことは危険と言えます。収入がなくなる定年前に返済を終えるほうがリスクが少ないでしょう。

 

そのため、収入があるうちに繰り上げ返済をする人が増えています。効率的に返済額を減らしたい方や、早く返済を終わらせたい方に繰り上げ返済はおすすめです。住宅ローンを一部返済して返済期間を短くできる繰り上げ返済をすれば、金利を減らすことが可能です。繰り上げ返済には、「期間短縮型」「返済額軽減型」の2つがあります。期間短縮型はボーナスなどのまとまった金額を月々の返済額とは別に返済して、返済総額を減らす方法です。月々の返済金額は変わらないので、生活水準はそのまま変わりません。一方、返済額期限型は、毎月の返済額を増やして返済期間を短くする方法です。

 

繰り上げ返済に落とし穴

「繰り上げ返済は、返済額が減るし良いことばかり!」と思われるかもしれませんが、実はデメリットもありまます。返済総額は減りますが、貯金やボーナスなどの現金を返済に回すので、万が一の出費の際に手持ちのお金がないことです。 そのため、月々の生活や住宅ローン以外の出費も考えて返済していきましょう。

 

また、借り換えをした場合には、10年間借り入れ残高に応じた住民税を還付される制度があります。それが、「住宅ローン控除」です。これに申し込んでいる場合、繰り上げ返済で期間短縮した際に返済期間も短縮され、住宅ローン控除が受けられない可能性があります。

 

さらにいえば、住宅ローン控除だけではなく、ボーナス返済の配分も変わるでしょう。ボーナス月に一定額を返済していきますが、借り入れ時に何%か決めて返済していくので、先に繰り上げ返済をしてしまうとシミュレーションしていた金額とずれが生じてしまいます。

 

このことから、繰り上げ返済はメリットだけではなく、デメリットもあるということを考えて計画的に借り入れ・借り換えを行いましょう。日常生活とのバランスを良く考えたうえで返済していくことが1番です。返済の負担を左右する金利ですが、考え方や計画でかなり金額が変わるので、銀行で相談してどのように進めるか考えてから結果を出しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


SNSでもご購読できます。