お金の話

これからの住宅ローンの金利を徹底予想!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンを考えるうえで、金利は重要なポイントです。9月になると住宅ローンの金利が変更されるため、これからマイホームを建てようと考えている人は、金利を定期的にチェックしておくとよいでしょう。長期金利が低下していることを踏まえると、9月の金利は大幅引き下げとなる予想です。10年固定金利がありがたい「フラット35」や、それに追随する住宅ローンでも金利が引き下げられると予想ができます。

 

住宅ローンの金利はどうやって決められている?

まずは、住宅ローンの仕組みから把握していきましょう。金利がどうやって決められているかを理解するのは難しいと思われがちですが、実際は驚くほど単純な方法で決められています。「景気の変動」「国債の変動」というたった2つ指標から決められているんです。

 

基本的に景気が良くなると金利が上がり、反対に景気が悪くなると金利が下がるといわれています。日本はリーマンショック以降、金利が低迷しておりほぼ一定の値といえます。アベノミクスの影響で経済は上向きになりつつありますが、いまだ全ての国民がその恩恵を受けているとは言えませんので、金利が上がる見通しはないでしょう。

 

住宅ローンの金利予想

変動金利の予想

結論から言ってしまえば、変動金利が動くことはまずないでしょう。アベノミクスによって株価は少しづつ回復しているものの、いまだ国債は減少を続けています。かと言って、これ以上金利を引き下げるわけにもいかないため、変動金利の動きはないと予想できます。

 

固定金利の予想

固定金利は変動金利と異なり、2016年9月から上昇傾向にあることが分かっています。これは、国債の金利が影響していると考えられます。固定金利はいままで低下が続いていましたが、近年の国債低下とアベノミクス効果による株価の上昇により、0.1%程度の増減が見込まれると予想できます。

 

フラット35の金利予想

「フラット35」の金利も固定金利と似たような動きになると言われています。もしくは、年末を境に金利が下がる可能性もあります。昨年はイギリスのEU離脱というアクシデントがあり、金利の上昇が難しかったという背景がありましたが、それでも1.0%を下回ることは難しいです。

 

新しくマイホームを建てるなら、固定金利がお得な「フラット35」がオススメです。特に、返済期間を長くして、コツコツ堅実に返済していきたいという人は、固定金利にすれば家計に無理なく返済を続けることができるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


SNSでもご購読できます。