お金の話

住宅ローンにおける繰り上げ返済の計算方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンは、経済的に余裕があるときに「繰り上げ返済」することが可能です。繰り上げ返済をすれば、どのくらい返済総額がお得になるのか?気になる方も多いでしょう。繰り上げ返済には、「全部繰り上げ返済」「一部繰り上げ返済」の2種類が存在します。名前の通り、全部繰り上げ返済とは残っている返済額をすべて払いきってしまうもので、繰り上げ返済の計算にあたっては、一部繰り上げ返済がそれに該当します。今回は、繰り上げ返済の2種類の計算方法を紹介します。

 

期間短縮型の繰り上げ返済の場合

繰り上げ返済の2種類ある方法のうちの1つが、「期間短縮型」と呼ばれる方法です。これは、繰り上げ返済によって期間を短期間にするもので、繰り上げ返済する金額をすべて元金に充てる方法です。

 

元金の総額が変わることで、支払う予定だった期間の利息負担も軽減されます。方法としては、短縮期間を割り出し、返済額を割り出すことで、残額が決定します。そこで、利息軽減額を割り出すことで、該当の利息額の負担が不要となるのです。

 

期間短縮型は、利息軽減効果は比較的大きいですが、毎月の返済額が変わるわけではありません。でも、子どもに金銭的な負担がかからなくなった、定年までに全額返済したい、など今後の支出が大きく増える予定がない方にオススメできる方法です。

 

返済額軽減型の繰り上げ返済の場合

期間短縮型と同様、繰り上げ返済の額は元金に充てられますが、大きく異なるのが毎月の返済額が変わるということです。返済期間は変わらないので、毎月の返済負担額が若干減ります。そのため、お得感を感じやすい方法と言えるでしょう。

 

計算するときは、繰り上げ返済後の残額から、毎月の返済額を割り出します。そうすれば、負担軽減額と残りの返済額、繰り上げ返済額で利息軽減額を割り出すことができるでしょう。返済額軽減型は、毎月の負担が減るので家計が楽になります。

 

どちらの方法を選べば良いの?

最後に、それぞれのメリット・デメリットをお伝えしておきます。期間短縮型は、総返済額が減るばかりか、返済期間も短くできる点がメリットですが、毎月の返済額が変わるわけではないため、家庭の状況によって返済が大きな負担になる可能性があると言えるでしょう。

 

返済額軽減型は、返済期間は変わらないですが、総返済額が減るので毎月の返済額が減り、負担が楽になるという点がメリットでしょう。どちらを選んでも返済額が減ることに変わりはありませんが、家庭の状況や長い目で見ることが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


SNSでもご購読できます。