お金の話

三重県住宅ローン金利の推移、これからはどうなる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三重県の住宅ローンの金利の推移は、これから契約を考えている人や借り換えを考えている人なら気になることでしょう。費用のことを考えると、できるだけ低金利のときに契約をしたいと思うでしょう。金融機関によって多少の違いはありますが、金利が下がり続けている機関もたくさんあります。これからの三重県の金利推移が予測できれば、住宅ローンを組むうえで有利になるはずです。今回は、三重県の住宅ローン金利の推移について解説していきます。

 

三重県の住宅ローン金利は今後どうなる?

三重県、住宅ローン金利は、90年代前半までは高水準だったのですが、それ以降は下落を続けて現在でも低い水準のまま安定していると言われています。

 

三重県もふくめバブル景気によって1990年から1991年には変動金利が8.5%にまで上昇したのですが、バブルが崩壊すると1996年には2%代まで下落。三重県では現在までその水準を維持したままなのです。しかし、三重県でも、これからは東京オリンピック開催などの影響で景気が上向きになり、住宅ローン金利の上昇が予想されています。

 

三重県でも金融緩和をやめることで、金利が上がるとも言われており、金利に関しては今が「底」なので上がることを予測している人が多いのです。ですが、三重県も景気や将来については誰も正確な予想ができないので、真実は誰にもわかりません。そのため、三重県も金利が上がることを予測して住宅ローンを組むことが大切となるでしょう。

 

三重県でも少しの金利上昇でも大きな打撃になる

三重県でも住宅ローンを1度組んだら、返済が完了するまでずっと付き合うことになります。そのため、0.1%金利が上がるだけで家計に大きな影響があるのです。0.1%なら平気だろうと考える人もいますが、続いていくことで大きな金額に膨らんでいきます。金利タイプに関しては、変動金利タイプや固定金利タイプがありますので、慎重に考えて決定するようにしましょう。

 

固定金利・変動金利どちらが良いのか? 三重県

固定金利タイプか変動金利タイプか……この問題について悩む人は多いでしょう。現在金利が低いので、変動金利タイプを契約する人が増えています。ですが、今後の景気上昇によっては金利が上昇する可能性があるので、常に不安を抱えて生活をしていかなければいけません。

 

固定金利タイプは、返済完了まで金利が変わることがないので安心ですが、変動金利に比べると金利が若干高いです。そのため、長い間支払続けていけるのか?と不安になる人が多くなります。

 

ですが、住宅ローンを検討する際、将来を見据えることが必須なので、変動金利タイプでリスクを負うよりは固定金利タイプで計画的に支払い続けていくほうが安定した生活を送れることが予想されます。ただし、変動金利タイプであっても急激な上昇はないことが予想できるので、家族で相談して自分たちに合うタイプを選びましょう。

 

三重県の住宅ローンの金利の推移は現在安定しています。ですが、今後どうなるのかは予想はできません。固定金利タイプと変動金利タイプ、どちらもしっかりと理解してメリットとデメリットを把握してから住宅ローンを組みましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


SNSでもご購読できます。