お金の話

住宅ローンの変動金利・固定金利の基礎知識

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンを考えるときに悩むこと。それは、どの金融機関から借り入れるか、どのローンタイプで借りるかではないでしょうか。住宅は大きい買い物ですから、なるべくお得になるように借り入れたいとところです。今回は、住宅ローンの変動金利・固定金利の基礎知識と題してお話します。

 

変動金利型

変動金利型の住宅ローンの金利は、半年に1回金利変動があります。借り入れ開始から5年間は返済額の変動がなく固定されます。しかし、急激な金利の上昇があれば、返済額のほとんどが利息部分に充てることになる可能性があるので、注意が必要です。借り入れ実行時に一番金利が低いのがメリットですが、将来上がることも考えておかなくてはなりません。返済期間が短い、繰り上げ返済を行う予定、数年で借り換える等の場合は変動金利型を選ぶメリットは大きいです。

 

固定金利(全期間固定)型

固定金利(全期間固定)型は、借り入れ時に設定された金利がローン完済まで固定されます。金融機関で基準となる金利の動向に、全く影響されません。完済するまでの返済額が固定されているので、返済額を常に把握でき将来のプランが立てやすくなります。また、デメリットは、借入時の金利が他のプランより高い設定になっていることです。借入金額が大きい、返済期間が長い等の場合は、金利設定が多少高くても固定金利を選ぶメリットは大きいです。

 

固定金利(固定金利選択)型

固定金利(固定金利選択)型は、上記の2つの間にあるようなタイプといえます。始めの期間は固定金利ですが、固定金利期間が終了すると変動金利型に移行されます。ただ、変動金利型ではなくそのまま固定金利型を延長することも可能です。金利の水準は全期間固定型と変動金利型の間に位置にあります。固定期間は3年、5年、10年などと選べますが、期間が長くなればなるほど金利が高くなるので注意が必要です。「固定」とはなっていますが、期間終了後の金利に合わせることになるので、変動型に近い固定と思っていた方が良いでしょう。固定期間終了までに完済する予定、固定期間終了と同時に借り換える等の場合は固定金利選択型を選ぶメリットは大きいです。

 

どのプランにおいても、借入金額や返済期間、繰り上げ返済のタイミングなどをシミュレーションしておく必要があります。一般的に住宅ローンの借入金額は年収の5倍まで、年収に対するローンの返済の割合は25%以下が妥当とされています。借り入れる際には、複数プランを作ってもらい比較検討して、自分たちの返済プランに合ったものを選ぶようにしましょう。インターネットで検索しても、シミュレーションができるので試してみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


SNSでもご購読できます。