お金の話

住宅ローンの金利借り換えを交渉で安くする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

低金利時代なのに、高い金利を払い続けなければいけないのか……?最近、世の中では低金利、低金利と言われています。金利が低く返済額も少ないため、ありがたいと感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、それ以前に住宅ローンを契約された方のなかには「固定金利型で住宅ローンを契約したから金利がかわらないよ」と落胆している方もいると思います。

 

固定金利型は、返済額がずっと一定で、返済計画を立てやすいため安定した経済状況を保つことができます。しかし、変動金利型と違い金利相場に左右されないため、金利が変わることはありません。そのため、変動金利型よりも多く返済していかなければならない場合があります。

 

金利が変わらないと言っても低金利といわれているなかで多くを返済していくのは嫌ですよね。そこで、ご紹介したいのが銀行への金利交渉です。借り換えをするよりもお得に返済額を減らすことができる方法をご紹介します。

 

借り換えしなくても金利は下げられる

先ほども申し上げましたが、金利を下げる方法は借り換えだけではありません。それに、住宅ローンの借り換えには、手数料や手間がかかります。

 

「じゃあこのまま高い金利を払い続けるの?」と思いますが、別の方法があります。それは、直接銀行に交渉することです。現在の契約が、金利相場を上回っている場合は、交渉することができます。

 

具体的な交渉方法は?

まず、住宅ローンを契約した銀行ではなく別の銀行に借り換えの仮審査を提出します。そこで、借り換えのシミュレーションを出してもらい、借り換えた場合にどのくらいの差が出るのか計算しましょう。そして、その情報を今の借り入れ先である銀行へ提示します。「○○銀行さんでは○%の金利ので借り換えできると言われました」と伝えます。そこで、「借り換えは考えていないが、こちらでも金利を下げてもらうことはできるだろうか」と交渉を進めて行きましょう。

 

返済期間や、返済額を考えて銀行側が応じてくれるかどうか変わりますが、応じてくれなかった場合には、借り換えをしても良いでしょう。今回は、銀行への金利交渉についてご紹介させていただきました。今、返済している金額よりも損をしないように返済計画をシミュレーションして、自身の負担が増えないようにしていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


SNSでもご購読できます。