家の話

建売住宅のメリットとデメリットをプロの視点から語る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ものごとには、メリットもあればデメリットもあるでしょう。これは何でも同じことです。

 

建売住宅に関しても同様です。建売住宅もマイホームの選択肢の一つとしてお考えであれば、そのメリット・デメリットを知り、判断材料として下さい。

 

メリット1 素早く購入したいのであれば建売住宅は最適

 

注文住宅、中古住宅、マンション、マイホームのさまざまな選択肢の中から建売住宅を選ぶということは、すぐに購入できできるというメリットがあるからでしょう。

 

購入することができれば、そのまま入居することができます。このスピード感の高さは、注文住宅では絶対に得ることができない部分です。

 

子供の新学期に合わせたい場合や、転居の時間ということが問題になる場合には、かなり有利に働きます。家族の節目にあたっているときにも、建売住宅が大きなメリットになるでしょう。

 

すでに建てられた物件のため、打ち合わせをしながら作り上げる時間がありません。忙しくて時間を掛けることができない場合でも、建売ならそれほど時間は掛かりません。

 

建売住宅は住宅ローンの手続きも早い

建売住宅を契約したら、手付金を支払い、後は住宅ローンなどにすることが多いでしょう。

 

ローンを組む場合にも、手順が単純化します。

 

これは、土地代と建物代が明確になっているからであり、煩雑な手続きを減らすことができるのです。

 

金融機関としても、不動産会社などが間に入るため、スムーズに進めることができるのも大きなポイントになります。スピード重視にする場合には、大きな利点になるはずです。

 

メリット2 建売住宅の立地は好条件な土地が多い

建売住宅は新規開発地に建てられることも多く、元が大きな土地で分割されて売りに出されていることもあります。

 

このケースでは、区画整理が綺麗にされていたり、立地が優れていることが多いです。

 

近隣の環境に恵まれていることも多く、生活環境としても優れていることがポイントになります。

 

マイホームを構えるには、生活環境は重要なポイントです。優れた環境を選ぶことができれば、これ以上のメリットはないでしょう。

 

区画整理されていれば境界もはっきりしているため、隣地とトラブルになる可能性も低くなります。

建築に合わせて道路整備もおこなわれている場合があり、高い利便性に恵まれていることも多いのです。

メリット3 思っていたのと違う…が少ない

建売住宅は注文住宅とは違い、すでに建っている家の実物を見て購入することができます。

 

注文住宅の家づくりでは、ほとんどの方が初めての体験の中でたくさんの選択をしていくので、例えばリビングは20帖ぐらい!と図面上でプランを建てても実際に建つと「広すぎて住みにくい」となったり、サンプルを見て壁紙を選んだけど、壁一面に貼られると違和感があって気に入らない…など、頭の中のイメージと実物に差が出てしまうことがあります。

 

もちろん、そうならないために注文住宅を建てる方には住宅展示場や見学会、ショールームなどに何度も足を運んで頂きますが、建売住宅であれば、そういった“感覚を養う”ための行動を省いて、目の前にある実物の家を気に入るか気に入らないか判断することができます。

メリット4 注文住宅よりもリーズナブル

建売住宅のプランニングには施主が参加しない分、手間や段取りを省略可できてその分人件費も安く抑えられます。

 

また、建具や内装材のチョイスもプロがしていくので、同じ建材メーカーで統一して仕入れコストを削減したり、低価格でも見栄えの良いデザインを選んだりして、無駄のないコスト計画ができます。

 

 

工事時期が調整できるのも建売住宅のメリットです。施主の都合に合わせなくて良いので、大工や職人の手が空いてしまう時期にうまく工事を入れて、コストダウンしている会社もあります。

 

 

デメリット1 ちょっとの変更も難しい

メリットがある反面で、デメリットの存在も知らなければいけません。あとから失敗したと思っても、後から解消することができないこともあります。

 

事前によく確認しておかなければ、大事な住宅購入で失敗することになるでしょう。

建売住宅の一番の特徴は、すでにできあがっている家を購入することです。これはメリットにもデメリットにもなります。

 

自分の好みに合わせて作る注文住宅とは異なり、住宅会社などが彼らの考えの下でデザインや間取りをつくり上げます。そのため、間取りは良いけどこの壁紙は好きじゃない、とか、ベランダがもう少し広ければ良いのに、などのように、全体的に気に入っていても完璧にあとちょっと届かない、ということがよくあります。

 

そのちょっとした部分を変更したいと思っても、すでに建っている家に手を加えるには、できることが限られてきます。そして例え変更が可能な場合でも、大がかりな工事やかなりの費用が掛かってしまうでしょう。

 

構造に関する変更はまずできないと思って下さい。例えば将来的にバリアフリーにしたり間取りを変更したいと思ったとき、外せる壁と外せない壁があります。

 

注文住宅の場合は、設計者のアドバイスのもと、施主がある程度ライフプランを練った上で将来的なことも見据えてプランニングをしていきます。

 

建売住宅の場合はそういったアドバイザーがつかないので、買主が自分自身で将来の生活をイメージし、現在の間取りで一生暮らしていけるか、ということを検討していかなくてはいけません。

 

住宅という性格上、一度購入すれば、そうそう買い替えることはできません。売ることも簡単にはできないでしょう。

 

もちろん、好みの家を見つけるまで建売住宅をたくさん見てまわるという方法もありますが、自分たちにとってパーフェクトな家に出会うのはなかなか難しいと思います。

 

どこかで妥協しなくてはいけない、というのが建売住宅のデメリットの1つになります。

 

デメリット2 壁の中が見えない

家は家族を風雨や災害から守る役割があります。

 

言うまでもなく、地震大国の日本では耐震性能は欠かせませんし、壁の中に入る断熱材も、家族の健康や生活していく上でのランニングコストに大きく影響してきます。

 

それらを事前に選べない、さらにきちんと施工されているかチェックできない、というのも、建売住宅のデメリットの1つです。

 

もちろん、建築基準法を満たしていれば最低限の安全は保証されますが、その構造や断熱性がどのように家族の生活に影響するのか、それを事前に確認して、納得できるかどうかを選択する余地がありません。

 

また、家族を守る家ですから、どれほど住宅会社と信頼関係を築けていても、重要な構造部分などはやはり自分の目で見て確認したいものです。

 

注文住宅の場合は、施主さんが工事中に現場に何度も足を運びます。家ができ上がる課程を楽しむという理由もありますが、ちゃんと図面どおり契約どおり施工してくれているかどうか、チェックをするという目的もあります。

 

大工や職人も、施主のチェックや労いを受けながら、よしこの家族のために一生懸命仕事をしよう、と気合いが入ります。

 

もちろん図面どおり正しく施工するのは注文住宅でも建売住宅でも同じですが、やはり人間の手による作業なので、この人のために、と力を尽くすことには重要な意味があります。

 

残念ながらこれは注文住宅ならではのメリットであり、建売住宅では難しいでしょう。

デメリット3 つくり手との関係性が薄い

以上のように、つくり手と施主との関係性がどうしても築きにくいのは建売住宅のデメリットの1つです。

 

最近ではほとんどなくなりましたが、欠陥住宅も注文住宅よりも建売住宅のほうが多く発生します。

 

建売住宅は壁の中が見えないので手を抜きやすい、という点も大きいですが、何より施主と建築会社との関係が希薄すぎて、相手の不誠実さを見抜きにくい、という要因も大きいように思います。

 

建売住宅は壁の中身を確認できないので、住宅会社をしっかりと見極める必要があるのですが、単なる売買契約となると相手を見極める機会もなかなかありません。

アフターメンテナンスは誰に頼むのか

注文住宅の場合、施主は住宅会社を信頼して数千万円もの財産を託し、住宅会社は家族の日常やライフプランにまで首を突っ込んで徹底的に家族の生活に向き合います。その結果「一生のお付き合い」という関係性が築かれます。

 

一方建売住宅では、「売り切り」のスタンスで営業している会社も少なくありません。もちろん住宅には瑕疵担保保険がありますから、構造上の大きな欠陥などには一定期間対応する義務がありますが、その期間以降や、構造以外の軽微なトラブルには積極的に対応してくれない建売業者もいます。

 

つまり、家のメンテナンス面で建売住宅は掛かりつけ医がいない、というデメリットを抱えています。

 

注文住宅を建てている住宅会社には、「ちょっと網戸のスライドが引っかかるから見て欲しい」とか「床に傷を付けてしまったけど直せるだろうか」といった相談がちょくちょくあり、営業マンや大工は自分が担当した施主の家であればすぐに駆けつけます。

 

それは人間関係が構築されているからこそのメリットであり、建売住宅ではその部分は大きく期待できないでしょう。

 

早い段階で懇意のリフォーム会社を見つけておくか、不備があるごとに専門の業者を調べて問い合わせる必要があります。

 

デメリット4 低価格の根拠を知るのが難しい

建売住宅のメリットの1つに、注文住宅よりもリーズナブル、という点があり、コストダウン方法の例もいくつか上述しました。

 

しかし、中にはそういった工夫でのコストダウンではなく、単純に資材を極少まで削ってしまうコストダウンもあります。そして怖いことに、そのコストを削る部材はたいてい壁の中に隠れてしまう部分です。

 

柱の「量」は図面に記載され建築確認申請もされますが、柱の「質」までは記載されません。過去にあった悪い例では、節で欠損が多い材木、つまり他の住宅会社が使わないB級品を安く仕入れて柱に使っていた、という建売業者もありました。

 

「この家は柱がたくさん入っていて安心構造です」と説明されれば、素人である買主は「なるほど」と安心してしまいます。「材木の質は?」なんて質問する人はなかなかいません。

 

建売住宅はリーズナブルな価格を売りにしていることが多いので、購入を検討するときは、どうして低価格にできているのですか?と住宅会社に聞いてみて下さい。

 

その回答に説得力があるかないか、隠していることはないか、などを見極める必要があります。そして可能であれば、その会社が建築中の建売住宅の現場を見学してみて下さい。

 

建売住宅と注文住宅両方取り扱っている会社もありますが、その場合も必ず建売住宅の現場を見て下さい。建売と注文では部材を使い分けている会社もあります。

 

建売住宅は手軽に時間をかけずマイホームを取得できることが最大のメリットですが、壁の中の部分だけは手間を惜しまずしっかりとチェックして下さい。

 

建売住宅のメリット・デメリットまとめ

 メリット1.素早く購入できる

 メリット2.好条件な土地が多い

 メリット3.思っていたのと違う…が少ない

 メリット4.注文住宅よりもリーズナブル

 

 デメリット1.ちょっとの変更も難しい

 デメリット2.壁の中が見えない

 デメリット3.つくり手との関係性が薄い

 デメリット4.低価格の根拠を知るのが難しい

 

 

建売住宅を買いたい、と思った方は、おそらく建売住宅のメリットが先に頭に浮かんでいることでしょう。

 

一度冷静になり、多角的に調べていくことで、実態が見えてきます。どんなデメリットでも、最終的に困るのは買主であることは間違いありません。

 

だからこそ、多くの情報を集めて購入することが重要です。

 

手軽に帰いたいという気持ちのあまり、必要な作業まで省いてしまっては、将来的に余計に手間もお金も掛かることになりかねません。

 

仮に急いでいる場合であっても、情報収集はしっかりとして下さい。

建売住宅のメリットは、スピードにあることは間違いありません。

 

ですが、安かろう悪かろうで済むものではありません。長く住むためにはメンテナンスも必要で、事前の調査も重要です。

 

こうした長さもどこまでできるのかが建売住宅のポイントになってくるでしょう。

 

失敗しない建売住宅の選び方は、デメリット部分を丁寧に埋めていくことです。

 

何度も買い替えることができるわけではないのですから、デメリットを最小限にして、メリットを生かせれば、建売住宅はきっと大切なマイホームになるはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オリジナル資料請求キットプレゼント!!

モリダイの家づくりの魅力が詰まった、オリジナル請求キットプレゼント!!


三重県でマイホームの購入で少しでも不安のある方にとっておきのプレゼントです。


一生に一度の家づくりを後悔しないためには、知っておかなければならない重要なポイントがあります。

資金計画はもちろん、土地や住宅についての知識や情報も必要です。


このオリジナル資料請求キットには、家づくりの知識や重要なポイントをわかりやすく解説した

「家づくりはじめてガイドブック」や「モリダイのフルカラー建築事例」が同封されています。


詳しくはこちらから

SNSでもご購読できます。