家の話

一番大切なお金のこと!三重県で新築の注文住宅を建てる時の適正な予算とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三重県でマイホーム、新築一戸建てを建てるに当たって、一番大切なことはなんでしょうか?

 

土地の場所や大きさ、価格もとても大切ですし、家の間取りもとても大切です。材質や性能も大切だと思います。ですが、私は一番大切なのは、予算、つまりお金のことだと思います。どうしてかといえば、キャッシュで購入する人は極々少ないので、住宅ローンを借りるから必要なんです。もちろん、キャッシュで新築住宅を建てる方も節税という観点で考えると実は住宅ローンを借りた方が得という場合もあります。

 

そして、家を建てることがゴールではありません。ご両親と同居する方は、ご両親の老後、最後のお別れがあります。また、お子様を育てる方は、教育問題もありますし、子供達とどんな楽しいことをしようかと考えていらっしゃると思います。最近は、変な事件もありますので安全性の問題などもあります。

 

新築購入後のすべての生活に、お金は密接に結びついてきます。家さえ建てれば幸せという方はほとんど居ないと思います。そして、皆さん自身が60歳、65歳、70歳になったときに満足な人生だったなと思っていただくことがゴールですし、その後には、お孫さんとの生活なども待っています。人生80年、85年、精一杯楽しむためにも、お金のことがとっても大切です。

 

前置きが長くなりました。家づくりの話に戻しましょう。

 

皆さんが理想の暮らしをするために、新築の一戸建てをどうせ建てるのなら、ああしたいとか、こうしたいといったいろいろとプランも出てくるでしょう。しかし新築住宅を建設するにあたって、一体自分はいくらぐらいのローンをどのぐらいの期間払っていくことになるんだろうと思う方もいらっしゃると思います。それは、当然ですがどの程度の費用が掛かるのかという事になる訳です。

 

ここでは、三重県の新築建設時の予算の相場と予算を削るためのコツについて紹介します。

 

■三重県の新築建築の費用の相場はどのくらい?

 

三重県の新築一戸建てを建設するにあたっての費用はいくらぐらいか?という質問を良く受けます。ですが簡単に答えることは難しいです。それは、住宅というのはサイズ(大きさ)と仕様や設備によって3倍にも、4倍にも差が生まれてしまいます。

 

つまり、部屋の広さや間取りをどうするか、何階建ての住宅を建設するつもりなのか、それは木造なのか?鉄骨なのか?それとも鉄筋コンクリート(RC)なのか、内装や設備のグレードをどうするのかを決めないといけません。とことんこだわりの住宅を建設したいと思うのであれば、それなりの費用を覚悟しなければならないでしょう。

 

ただ三重県で新築を建てようと考えている人の多くは、東京や大阪といった大都市圏で住宅を建てる方と比べると予算は少なめになる傾向がみられます。一般的に三重県で新築一戸建てを建設する方の場合は、30代前後のはじめて家を建てる人の家づくりの総費用の相場は1,800~3,200万円くらいだと思ってもらえればいいでしょうか。これでも、2倍近くの開きはありますが、木造住宅を建設した場合の坪単価の相場は仕様や会社によって異なりますが坪40~70万円といったところで落ち着くと思います。

 

これが、東京や神奈川、大阪のような大都市になると、2,500~5,000万円あたりが費用の相場になりますので、これらと比較すると三重県のリーズナブルさがおわかりになると思います。

 

ただし、これに土地の費用が追加されますので住宅ローンは、これに土地価格と諸経費が加算されます。これらのことについては、最後の章でもう一度お知らせします。

 

■見積もりは詳細見積をもらうこと

 

新築住宅を建築した後で住宅ローンが支払えなくなって、泣く泣く家を売却する人が一定数存在します。不動産サイトなどで建築後2~7年ぐらい築浅の中古住宅が売りに出ることがあります。これは、家は建てたけど結局ローンが支払えなかったために売却した場合と、自己破産の後に金融機関が売り主になって販売している場合があります。自主的に売却できる人は、まだ良い方で自己破産にまで追い込まれてしまうと、二度と家を建てることは難しくなってしまいます。

 

どうしてそのように予算オーバーしてしまうのでしょうか。いくつかの要因があります。まず意外と多いのは、きちんとした見積もりを取らずに契約してしまうというパターンです。新築住宅を建設する場合、中古とは違って建物のない状態で契約をしなければなりません。間取りを考え、構造などを打ち合わせし、インテリアやエクステリアを決めていって、「この条件であればいくら」と決めていきます。

 

通常であればどのような新築住宅を建築するかを決めたうえで、「この住宅であればこのくらいかかります」という正式な詳細見積書を提示して、お客様が実際の住宅ローンの支払いなどを確認して、それを実際の家計に落とし込んで支払えることを確認した上で、初めて契約という流れになります。

 

ところがこの見積書に問題がある場合があります。中には「建物自体の金額」を見積書のように提示した上で契約します。

 

ところが実は建物本体以外でも、住宅の費用はいろいろとあって、インテリアやエクステリアの費用もありますし、印紙代や火災保険料、登記に関する費用といった手続き面でのコストが抜け落ちていることもあります。

 

予算内で契約できたと思っていたところ、追加費用が色々と出てきてしまってついには予算オーバーという状況になることも考えられます。また追加のオプション工事がかなり必要となると、一気に予算が膨らむ恐れもあります。

 

建物での要望が沢山出てしまうのは、お客様の責任なのかもしれませんが、例えば地盤が軟弱で補強工事が必要となると100万円以上の費用追加ということもあり得ます。また、外構(エクステリア)などの追加費用だけで300万円かかる場合もあります。

 

ですから建物の見積書だけでは絶対に契約してはいません。建物にいくらかかるのかだけでなく、その内訳もしっかり確認しておいてください。また、建物以外にかかる費用をすべて算出してもらって、それぞれが契約した金額に含まれているのか、入っていないのであれば一体いくらかかるのが、どのタイミングで払うのか?なども住宅会社との確認が必要です。

 

また、見積書も建物の工事の費用やどのような部材を使って作業するのかなども、細かなところまで表記されている見積もりを出してくれる業者の方が信用性が高いといえます。とにかく、お金に関しては、いろいろと見積書に関する疑問点をぶつけてみて、皆さんが完全に納得するまで契約は控えるべきです。最近の住宅会社は昔のように欠陥住宅を作ることはまずありませんが、きめ細かい対応をする住宅会社もあれば、そうではない会社もいますが、しっかり見極めていただければと思います。

 

■いらない設備をつけている

 

新築住宅の費用が予算オーバーしてしまうパターンとして多いのが、設備をあれもこれもという感じでつけているケースです。大手ハウスメーカーの営業マンなどの中には売り込みをかける際に「太陽光発電を取り入れてみませんか?」といってくることが多いです。

 

「太陽光発電を取り付ければ、発電もできてご自宅で使わない発電量は、売電もできるので、光熱費がほとんどかかりませんよ」というように言われると、つい太陽光発電を取り入れてみたくなるかもしれません。

 

以前は、太陽光パネルを導入すると、政府や地方自治体などから補助金が出ましたが、最近は補助金がなくなっています。また、太陽光パネルはそれなりのまとまった費用が追加で必要になります。よく営業担当者が「10年以内でコストはカバーできます」といいますが、これもケースバイケースだと思います。

 

もし故障すれば修理費用がかさみますし、設置費用を賄うにあたって住宅ローンを使うとなると金利上昇した場合、コスト分のペイは10年以上かかることも考えられます。

 

本当に住宅会社がいうとおりかどうかは、厳しく判断してほしいものです。

 

また新築物件で最近注目の設備として、全館空調設備もあります。いつでも住宅の中ならどこでも快適に過ごせるというものですが、こちらも絶対に取り付けないといけない設備ではありません。装置の価格などを考えると市販のエアコンを一部屋一部屋つける方が圧倒的に安いくなります。

 

エアコンによっては、すぐれた省エネ能力を有している機種も沢山あります。もちろん全館空調などが悪いわけではありません。実際のメリットデメリットをしっかり比べて、冷静に判断してください。予算と相談して問題ないようであれば、取り付けることで暮らしの利便性はきっとアップするでしょう。

 

■家全体の新築の予算はどう決める?

 

新築の注文住宅を建てるにあたって、安全に返していける予算をどう決めるかですが、2つのポイントに分けられます。

 

それは自己資金(頭金)と住宅ローンです。はじめに書いたように、住宅ローンを利用せずに、全額キャッシュで家を建てられる方もいるかもしれませんが、実は今の金利水準であれば、借りた方が得な場合があるのです。

 

どういうことかといえば、現在の制度上では、家づくりには住宅ローン減税が使えます。この住宅ローン減税は、借り入れをしている金額の1%(最大5,000万円)までが所得から10年間控除されます。所得が年間600万円以上の方は、税率もしっかり取られているので金利を支払っても、そちらの方が得という場合が多いのです。どちらが得か是非検討してみてください。(この住宅ローン控除の制度は,毎年制度が変わる場合がありますので、必ずご自身で確認をした上で,申請をしてください。)

 

では、ローンを組む方の場合で考えていきましょう。自営業の方はローンが、どこかに勤務している方よりも難しい場合が多いです。得に節税を行って所得を小さくしている自営業の方は、住宅ローンが組めないことが多いので、きちんと申告をして、最低でも年間所得を400万円以上にしてください。どこかにお勤めの方で、年収が300万円以上ある方で、大きな借金が無いこと、信用情報に返済の大幅遅れなどの過去の信用事故情報が無い限りは問題なく住宅ローンが借りられます。また、転職直後は住宅ローンに借り入れが難しいので,転職後半年以上経ってから,家づくりをはじめてください。

 

では、住宅ローンをいくらまで借りられるのでしょうか。また、いくら借りても大丈夫なのでしょうか。

 

それは、人によって違います。というのは、家を建てることが本当に夢で、特に趣味も無いし、子供さんもいない、もしくは1人で充分という方は、頑張って返せるギリギリまで借り入れても良いと思います。ですが、お金のかかる趣味がある、子供が多くて将来教育費がいくらかかるか心配だという方は、本当に安全を考えながら返済計画を立ててください。

 

いくらまで借りられるかといえば、問題の無いサラリーマンの場合は、おおよそ年収の5~9倍程度までは借りられると思います。年収350万円の場合で、1,800~3,200万円ぐらいです。ただし、3,000万円も借りてしまうと,月々の返済額が9万円に近くなってしまいます。年収350万円の方の手取り月収は,22万円前後の場合が多いのでおよそ4割が住宅ローンに消えてしまいます。これでは借りすぎの場合もあります。

 

では、適切な金額は?いくらぐらいなのでしょうか?これは先述の通り何が大切かによって大きく異なりますが、一般的には月収の25%前後といわれいます。

 

25%ということは、年収350万円の方で、年間返済額が90万円前後でしょうか。月額にするとおよそ7万8千円前後になります。金利が1.1%で35年ローンで返済していくと仮定すると、2,700万円までは借り入れが可能です。もっとも、これはライフスタイルによって異なりますので、皆さんお一人お一人のケースで試算することが必要です。ご希望の方は試算しますので,お声をおかけください。(その場合は、右記のリンクからメッセージをください。http://mienoie.net/contact/)

 

さらに、家を建てるときには別途現金が必要になります。それは頭金と呼ばれているもので、建築資金に加えます。その他には諸経費といって、印紙代、税金、借り入れに対する保証料、司法書士への報酬などが発生ます。これらは住宅ローンから支払うことが可能な場合と現金で用意する必要な金額もありますので、最低でも50万円、できれば200万円ほどの現金を頭金とは別に用意しておいた方が良いでしょう。

 

また、頭金ですが、諸経費以外の貯金全額使ってしまうという方もいらっしゃいます。住宅ローンの借入額が少なくなって、返済負担が軽減されるので気持ちは解りますが、実はあまりお勧めはしません。理由は、引越しするにあたって家具や電化製品を新しく購入するでしょうし、お子様がいれば将来の教育費のことも考えないといけません。さらには今後病気やけがで仕事ができなくなることも想定できるので当面の生活費は手元に残しておく必要があるでしょう。だいたい月の生活費の少なくても3か月、できれば半年分は手元に残しておきたいところです。自営業者やフリーランスの場合、仕事ができなくなると途端に収入がゼロになってしまうことも考えられます。そう考えると、少なくても半年分の生活費は手元に残しておきたいところです。

 

また、住宅ローンの多くは団体信用生命保険(略称:団信)といって保険機能がついています。ご主人に万が一の時は、住宅ローンの残債がすべて無くなってしまいますので、借り入れを無理に減らす必要はありません。ましてや現在のように過去最低金利の情況の場合は、なるべく多く,そして無理ない範囲で借り入れを増やした方が得の場合もあります。

 

さらに予算を増やす方法として、たとえば両親がご健在であれば、ご両親からの資金援助を受けることで予算枠をアップさせる方法もあります。具体的に、どのくらいと金額を提示して、援助いただけないか聞いてみましょう。

 

このように,『安心して借りられる住宅ローンの総額+自己資金+援助分-諸経費』の合計値が皆さんの住宅獲得資金になります。新築建てるにあたって、大事なことは予算の枠組みの中で建設費用と土地の購入資金、さらに諸経費などをきっちり収めることです。

 

多少予算オーバーしても住宅ローンの融資を増やすなどでねん出することはできるかもしれません。しかし結局その後の返済負担が増えてしまいますので、あとあと苦しい思いをする可能性が出てきます。まずは、どんな家を建てるか考えるよりも先に、予算枠を決めてしまうと、どのようなマイホームを建設すればいいか、選択肢が絞り込まれると思います。

 

皆さんの家づくりが成功されますように!祈念しております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オリジナル資料請求キットプレゼント!!

モリダイの家づくりの魅力が詰まった、オリジナル請求キットプレゼント!!


三重県でマイホームの購入で少しでも不安のある方にとっておきのプレゼントです。


一生に一度の家づくりを後悔しないためには、知っておかなければならない重要なポイントがあります。

資金計画はもちろん、土地や住宅についての知識や情報も必要です。


このオリジナル資料請求キットには、家づくりの知識や重要なポイントをわかりやすく解説した

「家づくりはじめてガイドブック」や「モリダイのフルカラー建築事例」が同封されています。


詳しくはこちらから

SNSでもご購読できます。