お金の話

三重県で繰り上げ返済を検討しているなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三重県で住宅ローンの繰り上げ返済を考えている人へ

 

夢のマイホームを購入することになった場合、購入代金の全てを現金一括払いで支払える人はごく一握りです。一戸建てにしてもマンションにしても、何千万円にも上ることが多いので多くの人は住宅ローンを組んで購入することになります。

 

この住宅ローンの返済こそ、マイホームの購入において最も重要かつ気になるポイントと言えるでしょう。内容をしっかり理解し、繰上げ返済なども考えていかなければローン地獄に陥ってしまうこともあるので、基本的な内容や注意点などを知っておきましょう。

 

住宅ローンを組む場合、最初の段階で完済まで何年で行っていくかをある程度決めます。例え同じ金利で同じ金額のローンを申し込んだとしても、完済までの期間が短ければ短いほど月々の返済額は高くなっていきます。

 

このため、一般的には月々の返済額を無理のない範囲まで抑えた長期返済プランを立てることになり、実際にそれを選択する人が多いです。

 

具体的に例を挙げると、3,000万円のマイホームを購入した場合、金利は年率で2%と仮定します。この場合、20年でローンを組んだ場合と30年の場合とでは、月々の支払が最大で約4万円以上もの差が生じてしまうのです。

 

完済までの期間が長いということは、トータルで考えた際に支払うべき総利息額も高くなるということです。月々の負担額は確かに楽になるのですが、最終的な支払額で考えると短期の返済プランの場合よりかなり高くついてしまうのです。

 

先ほどの例で考えると、30年のローンを組んだ場合は20年のローンを組んだ場合に比べて約350万円も余計に支払わなければならなくなります。こんなに差が出てしまうことを考えれば、出来る限り利息の支払いを早く終わらせてトータルの返済額を抑えたいという人が多いでしょう。

 

そんな時には、まとまった金額を一度に返済し、元本を一気に減らして利息の金額を抑えることができる繰り上げ返済を実行するのが良いでしょう。

 

これを行うことで、元本に対する利息を小さくすることができるだけでなく、完済までにかかる期間も短縮することが可能です。先ほどの例だと、100万円分の繰り上げ返済を行った場合はトータルの返済額を約95万円ほど節約でき、完済までの期間も約1年半ほど短縮できます。

 

繰り上げを行う時期が早ければ早いほど、返済額が高ければ高いほどトータルの返済額や返済期間が少なくなっていくので、繰り上げを検討している場合は少しでも早く行ったほうが賢明です。

 

三重県でマイホームを購入した場合も、繰り上げ返済に対応している銀行などの金融機関は多くあるので、まず相談してみると良いでしょう。(基本的に繰り上げ返済に対応していない金融機関はありませんが、金融機関にとってはあまり嬉しくない事だったりします。)

 

ただ、繰り上げを行う場合にはいくつか注意点もあります。まず気になるのがローンを利用している金融機関への手数料で、繰り上げを実行するたびに所定の手数料を請求されるケースがほとんどです。

 

最近ではインターネットから手続きを行えば手数料無料で対応してくれる金融機関が増えてきましたが、窓口などで直接手続きを行う場合はまず間違いなく手数料がかかります。繰り上げ返済を計画されている方は、ローンを組む前に念のため、繰り上げ返済手数料を確認しておきましょう。

 

何度も少額ずつ繰り上げを行うと、手数料だけで驚くような金額になってしまい、せっかくの繰り上げのメリットを損なってしまう可能性もあります。繰り上げが可能な場合は、毎回どのくらいの手数料が必要になるか事前に金融機関に確認しておくようにしましょう。

 

ローンを申し込む段階で、繰り上げを見越して手数料の安い金融機関に申し込むという選択肢もあります。また、繰り上げをやり過ぎると、住宅ローン控除を受けられなくなってしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

住宅ローン控除の制度を利用するためには、10年以上ローンの返済期間が残っていることという条件があります。繰り上げを頑張りすぎたためにローンの残り期間が10年を切ってしまうと減税措置を受けられなくなるため、10年を切らないように注意しながら進めていくことが大切です。減税額はローンがどれくらい残っているかによっても変わるため、減税が適用される期間を終えてから繰り上げを始めた方が得をすることもあります。

 

繰り上げ返済は、計画的に行えば非常にメリットの大きい制度です。ただ、繰り上げはあくまでも余裕がある時にだけ行うべきものです。子供の結婚や車の買い替え、家のリフォームなど大きな出費が予定されているにも関わらず繰り上げを行ってしまうと、資金が足りなくなって借金しなければならない事態にもなり兼ねません。

 

家族が事故や病気で高額の医療費がかかってしまえば資金がすぐに足りなくなりますし、そのために貯蓄を切り崩して生活が苦しくなってしまえば本末転倒です。繰り上げ返済は決して将来のために貯蓄している資金からは支出せず、ボーナスなど完全に臨時の収入があった場合にだけ実行するようにしましょう。

 

しっかり計画して行っていくことが大切なので、悩んだ場合はローンを組んでいる金融機関などに相談してみるのもお勧めです。

 

本当に得かどうかよく考える。

 

繰り上げ返済を考える前に、もう一つ考えないといけない事があります。それは、金利の話しです。

 

ご存知かもしれませんが、過去20年間の住宅ローンの平均金利は4%前後といわれています。そして、現在の金利は35年間固定のフラット35でも1%前後と非常に安い金利になっています。

 

また、投資信託の中には過去3年の利回りが5%を超えているものが少なくありません。つまり、安易に繰り上げ返済すると損をする可能性があるのです。

 

繰り上げ返済をする代わりに投資信託に資金を預けたとすると、その差額分の利子は自分のものになるわけです。投資信託なので、リスクの高い商品もあれば、リスクの低い商品もあります。

 

それらを充分に考えて、さらに今後必要になってくる現金も考えながら賢い返済をを目指してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


資料DLページへ

SNSでもご購読できます。