お金の話

三重県の利用しやすい住宅ローンの審査基準とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅取引が頻繁に行われている地域では住宅ローンの利用も頻繁に行われていますが、特に利用頻度の高い地域として三重県が挙げられます。
そのため住宅ローンに関するサービスも充実しており、審査基準も容易に満たせる設定である点が影響してローンの利用範囲はさらに広まる傾向を見せています。
そんなローン制度の中でも一番条件を容易に満たせるプランとして三重県内にある金融機関の無担保ローンが多くの方に利用されています。
無担保ローンでは担保が必要ない上に保証人の存在も不動産共有者の方に連帯保証人になってもらうという条件を除けば必要ないので、ローンによる住宅購入が非常にしやすくなっています。
ただし団信保険の審査結果や加入年齢要件による加入できない場合は法定相続人として1名必要になってくるので、三重県では若年層を中心に無担保ローンを利用した購入が目立っています。
この様に審査基準として判断される事案が少ないので多くの方に利用されている傾向がありますが、多くの金融機関では借り入れ金額が1000万円と低めに設定されているので、住宅購入の際にある程度頭金を用意できる人を中心にした利用が広まっている傾向があります。
ただし借り換えという形であれば借入金額を2000万円以上に設定している金融機関もあるので、支払い環境に適した形でローンを利用できる点が大きな特徴です。
三重県の金融機関では住宅ローンのサービス充実させるために、この他にも条件を設定しており中でも住宅建設予定地や購入物件が金融機関本店の営業地盤内であるという点は多くの利用者から注目されており、サービス地域を限定する事で一定の信頼を獲得している状況に繋がっています。
金融機関が設定している審査基準を満たしているかどうかを判断するには、銀行または保証会社が独自に審査し判断する事になりますが審査を受ける際には必要な書類の提出を求められるので事前に用意した上で審査を依頼しましょう。
審査に必要な書類は資金使途確認書類として工事請負契約書や売買契約書が必要になってくるので、取引している不動産企業等に発行してもらってください。
そして収入の安定性や信頼性を把握するために源泉徴収票と公的所得証明書の発行が必要なので、勤務先等該当の機関から発行してもらいましょう。
この他にも本人確認書類や住民票、登記簿謄本や公図や建物図面といった書類の他に実印等も必要になってくるので、住宅ローンを利用する金融機関に詳細を確認した上で念入りな準備が必要な点を留意してください。
ただし公的所得証明書に関しては勤務形態によって準備する書類が大きく異なり、法人役員の方は過去3年分の会社決算書と源泉徴収票が必要になり自営業の方は過去三年分の確定申告書がそれぞれ必要になるので注意してください。
また法人役員や自営業の方と給与所得者とでは利用できるローンのプランに違いがある事も多く、金利も違うので利用する金融機関を選ぶ際には利用できるプランの資格を確認してから利用するようにしましょう。
全体的な資格の違いとして多くの場合法人役員や自営業の方に向けたプランでは、金融会社が審査を行うのではなく保証会社が審査を行う傾向が強いので第三者の目線で審査を行ってもらえる上に、保証会社が保証してもらえるので万が一返済能力がなくなった時に保証会社が代わりに返済するといったサービスを受ける事ができます。
ただし一度保証会社の審査に落ちてしまうと別の金融機関で保証会社を利用した審査をした場合、審査を通過できない可能性が高いのである程度返済能力の高い人の利用をお勧めしします。
また三重県内の金融機関では一定期間内に契約を行うと住宅ローン基準金利を大幅に下回る金利で、利用できるローンも存在しているのでそういったサービスを展開している複数の銀行に審査を依頼して通過した金融機関のローンを利用するというのも一つの方法です。
特に固定金利で10年の返済を考えた場合基準金利は2.9パーセントにも上りますが、サービスが充実している金融機関では1パーセント台の金利でローンを利用する事もできるので負担の軽い返済をするためにもこれらのサービスも積極的に利用する事をお勧めします。
この様に三重県内に存在している金融機関ではサービス範囲を限定する等して提供サービスの充実化を図っていますが、利用する住宅ローンのプランによっては審査基準が厳しく設定されている物もあるので注意が必要です。
特に自営業等安定した収入を獲得している確率の低い方は保証会社の審査に落ちる事も多く、一か所で審査を行い落ちてしまった場合は信用記録として専門の機関が一定期間その審査データを保管する事になっているので注意が必要です。
審査に受かる確率をあげるのであれば、銀行が審査を行うプランへの申し込みを行いローンによる住宅購入をする方法もお勧めです。
また一部プランでは変動金利によるローンの利用ができず、固定金利のみのプランもあるので事前に確認した上での申し込みをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


資料DLページへ

SNSでもご購読できます。