家の話

三重の工務店で家を建てるならどこがお勧めですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三重で夢のマイホーム購入を検討していると、いろいろな工務店がありますが、チェックしてほしいポイントは決まっています。

 

工務店選びを間違えると理想の住まいが建てられません。

 

優秀な工務店はこれからご紹介するポイントを満たしているはずですので、工務店をお探しの方は意識しておいてください。

三重県の工務店選び3つのポイント

三重県で工務店を選ぶときに見たいポイントは、下記3つです。詳細をふまえたうえで、安心して任せられる会社を選びましょう。

ポイント1 住まい作りのテイストが自分たちの好みとあう

三重の工務店と一口に言ってもたくさんの工務店があって、特色ある住まい作りをしています。

 

住宅は大きな買い物なので、自分たちの理想を形にしたいと考えるのが当然でしょう。

 

そこで重視したいのが、住まい作りのテイストです。自社の得意とする分野を色濃く打ち出している場合には、ご家族の趣味嗜好と合うか確かめましょう。

 

エコ住宅

たとえばエコや太陽光発電に興味がある方は、「ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)」「高断熱」「BELS」といったキーワードを使っている工務店を探します。

 

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)とは、家で使うエネルギーと同等かそれ以上のエネルギーを太陽光発電などで自給する住宅のこと、高断熱とは、断熱材の性能を良くして冷暖房効率を上げること、そして、BELSは住宅のエコ性能を表示する制度で、ここ数年急速に普及が進んでいます。

 

エコ住宅は電気の使用量を抑えたり、家全体の温熱環境を一定に保つように設計されているため、「地球に優しい」以外にも、「家族の健康を守る」や「(光熱費が抑えられるため)家計に優しい家」といった言葉もよく使われます。

 

エコ住宅に興味のある方は工務店のウェブサイトやチラシでこういったキーワードを探してみて下さい。

おしゃれで洗練されたデザインにこだわりのある方は、好みのデザインの家を建てている工務店を、ウェブサイトの施行事例の写真や、モデルハウス、完成見学会などで探します。

 

家は長く使うものですので、デザインが好みであるかどうかは重要です。

 

家のデザインには正式な名称のカテゴリーはありませんが、一般的には下記のような言葉が使われます。

 

モダンスタイル

 

クールでシンプルなデザインの総称です。直線的で装飾が少なく、生活感が出ないように扉で隠せるタイプの造り付け収納がよく使われます。

 

モダンテイストは幅広い価格帯に対応できるため、ローコスト住宅を得意とする工務店も選択肢に入ります。

 

和テイスト・日本スタイル

 

日本の伝統的な家のデザインで、和室や真壁、大黒柱などが特徴的です。

 

ただし、構造や材料全てにおいて日本古来の伝統的なつくり方をしている工務店と、和のテイストをデザインで表現している工務店があるので、予算や好みに合わせて選択が必要です。

 

現代風にアレンジした和モダンスタイルを部分的に取り入れるのも人気です。

 

ナチュラルスタイル

 

自然素材を使った温かみのあるシンプルな家です。「漆喰」「無垢の木」「健康」といった言葉が工務店探しのキーワードです。

 

若い世代の家族に人気が高く、多くの工務店が対応しているデザインですが、モダンスタイルに比べ価格が若干高くなります。

 

カントリースタイル

 

ナチュラルスタイルをベースに装飾を加えたデザインで、レースのカーテンやアーチ型のドアなどが似合う住宅です。

 

カントリースタイルは得意とする工務店とそうでない工務店がありますので、施行事例をしっかりとチェックしましょう。

 

以上に挙げたようなスタイルは人気が高く多くの工務店が施工していますが、他にも、「ブリティッシュ」「フレンチ」「北欧スタイル」「カフェ風」「プロバンス風」「アジアン」「クラシック」「エレガンス」といった言葉が使われます。

 

外観や内装のデザインを重視する場合は、工務店とのコミュニケーション体制にも注意してください。デザインのイメージは相手に伝えにくいものなので、意向をきちんと汲んでくれる担当者であることが重要です。

 

また、言葉だけではどうしても伝わりにくかったり、同じ「〇〇スタイル」でも工務店によって雰囲気が異なることも多いので、デザインを重視する場合は必ずその会社の施工事例を見ること、自分たちの希望のデザインを写真の具体例を見せながら相談すること、を注意してください。

ポイント2 自社施行の工務店を選ぶ

 

工務店の中には完全自社施工の会社と、注文を受けてプランニングまではするけど、工事は下請け会社に外注する会社があります。

 

信頼できる下請け業者があれば良いのですが、傍目からは品質が分かりません。安心してマイホームの建設を依頼するなら、自社施行体制の工務店をおすすめします。

 

なお、ここで言う自社施工とは、工事現場の総責任者である「現場監督」が社内にいるかどうか、という点です。そもそも住宅はたくさんの大工や職人が入れ替わり立ち代わり工事に入るので、それらすべての職人を自社内に抱えている工務店はまずありません。

 

ある工務店の家を建てていた大工が別の工務店の家も建てる、というのは一般的にあり得ることで、注目すべきは、そういった大工や職人とコミュニケーションをとりながら工事の監督や工期の管理をする「現場監督」が信頼できるかどうか、という点です。

 

また、経営状態の良い工務店は腕のいい大工を抱えている、というのは業界でよく言われる定説です(抱えている=提携している、という意味です)。安定的に仕事をくれる工務店と、数年に1度仕事があるかないかという工務店とでは、やはり大工も前者と手を組もうとするものです。

 

大工の腕はなかなか素人には見抜きにくいものですが、信頼できる工務店には信頼できる大工がついていることが多いので、まずは工務店選びをしっかりと目を凝らして慎重にしましょう。

 

ポイント3 話をよく聞いてくれる

マイホームづくりは工務店と施工主の共同作業となるため、詳細ヒアリングが必須です。希望を良く聞き要望をふまえた建設プランを提案してくれる工務店だと安心できます。

 

特にお金の部分は良心的な会社とそうでない会社がはっきりと分かれます。施工主のことを思ってしっかりと資金計画から予算立てまで手伝ってくれる会社がほとんどですが、中には自社の利益を優先してオプション追加を推奨する工務店もあります。

 

特に注文住宅の場合は、家の性能やデザインも重要ですが、それよりも工務店や担当者とのコミュニケーションが家づくり成功のカギを握ります。

 

どんなに好みの家を建てている工務店でも担当者との相性が悪く意思の疎通がしにくい相手では、自分たちの家を希望通りに建てることが難しくなります。

 

そういった場合は思い切って工務店を変えるか、ある程度の規模の会社であれば担当者を変えてもらうのも手です。担当者を変えて下さい、というのはなかなか言いにくいものですが、せっかく家のテイストが好みに合うのであれば、一担当者のために諦めてしまったり別の会社に行ってしまうのは勿体ないです。

 

家は出来上がってからが始まりです。メンテナンスをして住んでいくためには工務店との付き合いも長くなるので、良好な関係を築ける相手を選びましょう。

アフターフォロー体制をチェック

 

マイホームは建てて終わりというものではなく、時間の経過とともに出てくる不具合を調整していく必要があります。

 

自分たちがつくったものは最後まで責任を持つという意識が見える工務店は、信頼できます。

 

少し気になるところが出てきた段階で対処すると、住まいをきれいに維持できます。いつまでも住み良いマイホームを維持するために、完成後のフォローが充実した工務店を選んでください。

 

アフターフォローについてはウェブサイトなどに掲載している工務店がほとんどですが、一番わかりやすいのは「お客様の声」という欄です。

 

対応の良い工務店の「お客様の声」には、例えば「建具がガタガタ言うと相談したらその日のうちに見に来てくれた」や「強めの地震があった翌日に1件1件見回りに来てくれた」といったように、制度に設けていない部分の対応が見て取れます。

 

逆に、対応が悪い工務店はお客様の声をあまり公表しません。または施工主がそういった掲載や意見の提供を断ることが多いです。

 

ウェブサイトやチラシに「お客様の声」がほとんど載っていないような工務店は注意が必要です。

 

理想のプランを検討しましょう

 

家づくりの雑誌などありますが、完璧に希望を叶えた住まいづくりができるとは限りません。工務店をいろいろまわりながら予算にあわせたプランを検討してもらって、妥協点を探していきます。

 

あったらいいな、という程度の設備を思い切ってやめてしまうと、ぐっとコストが下がります。

 

極端な例ですが、介護を考える年齢ではないのにバリアフリー住宅を検討した場合はどうでしょう。玄関をスロープにしたりバスタブを工夫したりと、いろいろと追加の設備が必要です。何十年かたって介護が必要になったときに活躍するチャンスがありますが、逆に事情が変わり必要なくなる可能性もあります。

 

必要になったときに対応できるつくり方、というのも実績のある工務店はできるので、そういった提案もお願いしてみましょう。

工務店の中には悪質な業者もいて、いろいろなオプションで単価つり上げをはかるケースがあります。より快適に暮らすための話となると、ついつい取り入れたくなってしまうものです。

 

また、家づくりの最中によくあるパターンなのですが、数千万円単位の見積を前にすると金銭感覚が狂い、「20万円ぐらいの追加ならいっか」と普段ではあり得ないような金額を即決してしまう方が多々います。

 

一生に一度の買い物、と意気込んでしまう気持ちも分かりますが、家はあくまで家族の幸せを叶える「場」なので、家自体にお金をかけすぎて家族の生活が苦しくなってしまっては本末転倒です。

 

奥さんがパートに出れば、家族旅行を諦めれば、外食を止めれば、と普段の生活を変えたり制限するような資金計画は注意が必要です。

 

家づくりに掛けるお金と、新しい家に入居してからの家族の生活にかけるお金をよく検討し、そのために優先するべきものは何かを考えましょう。

 

坪単価30万〜40万のローコスト住宅

 

三重県は比較的リーズナブルな価格で住まいを検討する方も多く、予算1000万円代でも相談に応じてくれる工務店は多くあります。

 

坪単価20万〜40万のローコスト住宅でも十分お洒落で機能的な住まいができるので、憧れのマイホームを諦めずに検討して下さい。

 

大手ハウスメーカーが立ち並ぶ住宅展示場では、営業用のハイスペックなシステムやデザイン、家具などが置かれていて、それと同レベルの家を建てるにはかなりの予算が必要です。場合によっては夢と現実の差が露わになって意気消沈してしまう人もいるかもしれません。

 

しかし、モデルハウスに行くことを反対するわけではありません。大手メーカーは一流の建築士やデザイナーがプランニングを行っているので、間取りやインテリアのセンスの参考になります。

 

最近では大型量販店などでもおしゃれな家具を置いていることが多いので、イメージに近いインテリアをそろえたり、モデルハウスの家事動線を規模を小さくして実現するなど、工夫次第で予算の範囲内で理想に近い住まいを実現できます。

 

三重では工務店が一番人気

三重で家を建てる人の、依頼先の割合は工務店が最も多くなっています。次に多いのがビルダーと呼ばれる住宅会社で、工務店が三重の中でもエリアを絞って営業しているのに対し、ビルダーは三重県全域や愛知県・岐阜県など近隣のエリアの一部も施行エリアに含んでいるような規模の会社です。

 

工務店・ビルダーに続き、3番目に多いのはプレハブ工法のハウスメーカーです。プレハブ工法とは工場で家のパーツをつくり、分割して現場に持ってきて組み立てる工法です。人の手間も工期も簡略化できるため、コストを抑えやすくなります。

 

ただし、現場で柱や梁を組んでつくる在来工法の家とは違い独特の雰囲気があるので、木の家の温もりを求める人には向いていません。

 

また、大きな工場を必要とするため工務店でプレハブ工法をしている会社はほとんどなく、大手ハウスメーカーで建てたいけどコストは抑えたい、という方に人気があります。

 

工務店を選ぶ方が約35%、ビルダーが30%弱、プレハブメーカーが25%程度、残りの10%程度が、ハウスメーカーで在来工法で家を建てる方です。プレハブ工法と在来工法を両方合わせるとハウスメーカーが一番多いとも言えますが、少なくともプロ目線では、プレハブと在来は全く別のジャンルに分類されます。

 

 

三重県と言っても広いので、エリアによって施行可能な工務店が分かれています。また、建築中や入居後のサポートのことを考えると、近くの工務店をまず検討、どうしても条件が合わない場合は他のエリアを探していきます。

 

地元工務店の場合は、会社にもよりますが、事務所から現場まで車でおおよそ1時間圏内を施工エリアとしている会社が多いです。それより遠くなると移動に時間をとられ業務効率が落ちる、という理由があるからです。

 

素敵な工務店との出会いがマイホームづくりを大きく前進させるので、妥協しない理想の工務店選びを考えてみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オリジナル資料請求キットプレゼント!!

モリダイの家づくりの魅力が詰まった、オリジナル請求キットプレゼント!!


三重県でマイホームの購入で少しでも不安のある方にとっておきのプレゼントです。


一生に一度の家づくりを後悔しないためには、知っておかなければならない重要なポイントがあります。

資金計画はもちろん、土地や住宅についての知識や情報も必要です。


このオリジナル資料請求キットには、家づくりの知識や重要なポイントをわかりやすく解説した

「家づくりはじめてガイドブック」や「モリダイのフルカラー建築事例」が同封されています。


詳しくはこちらから

SNSでもご購読できます。