家の話

三重県のハウスメーカーを選ぶなら知ってほしいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三重県で一戸建て住宅を建てようとお考えの場合はどんな住宅会社を選ぶかを考えてください。その中でも今回は特にハウスメーカーの選び方について考えてみたいと思います。

 

マイホームを持ちたいと考えている場合には、まずはどこにどんな家を持つかということを意識しがちです。「どこに」「どんな家を」ということも大切なのですが、それらの希望をより忠実に誠実に叶えられるかどうかは、それを実際に建てる業者や大工さんたちです。

 

素敵で快適なマイホームという「結果」を残すためには、まずは「手段」から選びましょう。

家を建てる業者はハウスメーカーだけではない

三重県でハウスメーカーに一戸建て住宅の建築を依頼するなら、まずはどのような業者があって、業者の特徴や特性は何かという点に注目することが大切となります。

 

ただ、どんなハウスメーカーを選ぶかを考える前に、そもそもハウスメーカーという言葉の定義を知っておいて頂きたいと思います。

 

定義と言っても、法律で決まっていたり辞典に載っているわけではなく、あくまで業界的なニュアンスとしての意味合いです。その分ご存じない方も多いかと思いますのでお伝えしたいと思います。

 

ハウスメーカーは住宅メーカーの一流ブランド

 

一般消費者の方は、家を建てる会社=ハウスメーカーというイメージが多いかもしれませんが、業界的にはハウスメーカーと言えば、全国展開の大手住宅メーカーを主に指し示します。

 

建物を設計する、建てるという業者には大手から中規模、小規模のものもあり、大手ハウスメーカーのように全国展開している会社もあれば、エリア限定で手がける物件を絞っているものもあります。

 

全国展開している「ハウスメーカー」に対し、例えば主に三重県全域において家を建てているような会社を地方の「ビルダー」や「パワービルダー」と呼び、さらに、三重県内でも中部のみ、や三重県○○市から○○市まで、といったようにもう少し小さくエリアを絞っているような会社を「工務店」と呼びます。

 

それ以外にも、あまり営業活動はしませんが「大工」に直接頼む方法や、デザイン重視なら「一級建築士事務所」に家づくりを頼む方法もあります。

 

つまり、ハウスメーカーというのは住宅をつくる会社の中では最も規模が大きくブランド力の強い会社のことを指し示しています。

 

こうした全ての建築施工業者をトータルで比較して、判断することでより良い家づくりのパートナー

を見つけることができます。

 

ハウスメーカーの特徴

ハウスメーカーの特徴としては、テレビCMや折り込みチラシで広告活動を頻繁にしていること、全国の住宅展示場やハウジングセンターなどでモデルハウスを構えていること、などが挙げられます。

 

マイホーム、特に注文住宅を建てたいと思っている人にとって、たくさんの情報提供があったりモデルハウスで実物大の家を見られることは大きなメリットです。

 

また、書類の整備や手続き関連をとてもシステマティックに行うことができ、その分契約から引き渡しまでの工期が比較的短い傾向があると言う点もあるでしょう。

 

あくまでケースバイケースなのでもちろん全てというわけではありませんが、効率の良さとスムーズな工程という点では、数を多くこなしている大手ならではの安心感でもあります。

 

ハウスメーカーには2種類ある

ハウスメーカーには二つのタイプの営業システムがあります。

 

一つは直接自社で施工を行っているハウスメーカーであり、もう一つはエリアによってその地域の工務店などに施工を任せるフランチャイズ方式です。

 

フランチャイズ(FC)はコンビニエンスストアなどのように、各エリアの工務店やビルダーがFC本部と契約し、その名前を使って営業することです。

 

つまり名前は有名でも実態は地域ビルダーや工務店なので、業界的にFC加盟店のことを「ハウスメーカー」とは呼びません。しかし、全国区のテレビCMをしている点や日本中至るところで施工しているという点では、一般の方にはハウスメーカーとは区別がつきにくくなっています。

 

自社施工であれば品質は一定となりますが、フランチャイズ方式でその地の業者に任せることになれば、その品質やサービスには差が出てきます。

また、これはハウスメーカーでもFC方式でも同じですが、各社で従来工法が得意なハウスメーカーや洋風建築を多く取り扱っているハウスメーカーなど、特性が分かれていることも理解しておきましょう。

 

こうした得手不得手を見極めるためには、そのメーカーの実績や施工例、展示場での物件を見ておくことが大切です。

 

建築費用の確認

 

ハウスメーカーは、大手の強みで安心感がありますが、その分コストは工務店などに比べて高くなりがちです。

 

ハウスメーカーでは比較的規模の大きい事業展開をしており、広告宣伝を幅広く行っています。芸能人をつかったテレビCMなども見たことがある人が多いのではないでしょうか。

 

そのため、建築費用のなかには広告費などがすでに上乗せされていることがあり、費用が高く見積もられることが一般的です。

 

同じ程度の家であっても、ハウスメーカーと地元工務店それぞれで見積もりをとってみると数百万円単位で差が出ることもあります。

 

実際にハウスメーカーのモデルハウスで予算を言ったら「絶対に無理」と言い切られてしまった、という人はかなりの数いらっしゃいます。

 

その人たちの中にはそのまま意気消沈してマイホームを諦めてしまう方もいるので非常に残念です。ハウスメーカーで無理と言われた人は、地元の会社へ相談してみて下さい。

 

中にはローコストを売りにしているハウスメーカーも

とはいえ、全国展開の規模の大きさによって価格が抑えられたプランもあり、ローコスト住宅を手がける大手ハウスメーカーも増えています。

 

三重県内では坪単価40万円台以下となるローコスト住宅の需要は高く、こうしたプランはハウスメーカー内でも人気の高いものとなっています。

 

ただし、大手ハウスメーカーのローコスト住宅を選択する場合には、何故コストが抑えられているのか、そして自分たちの希望に添った設備やデザインが取り入れられるのかを十分に確認しておくことが必要です。間取りや設備などに制限が設けられている場合があるからです。

 

住宅の価格表示の落とし穴

 

住宅の見積もりの際には、どこまでが含まれているのか、見積もり以外の追加費用がどれぐらいかかるか確認をして下さい。

 

給排水、ガスなどの付帯工事や地盤調査、登記費用など、家を建てて住めるようにするためには様々な費用がかかります。

 

これは住宅業界の悪しき習慣なのですが、広告チラシなどで書かれている「坪○○万円!」や「本体価格○○万円!」といった価格表示の方法にはルールがありません。

 

つまり、「本体価格」の「本体」をどこまで含んで言っているのかは各会社がそれぞれ決めて良いのです。極端な例で言うと、トイレは本体ではなくオプション、水道管を繋ぐのは別途追加工事扱い、といった見積もり方法だってありということです。

 

チラシでは少しでもお得に見えるように価格表示されていることが多いので、実際に見積もりをする際には必ず、どこまで含んだ金額か、見積書の金額以外に追加で掛かる費用はいくらぐらいか、をチェックして下さい。

デザインに注目

三重県内ではローコスト住宅が人気であり、多くのハウスメーカーで取り入れられていると申しました。

 

コストを抑えてマイホームを手に入れられることは大変魅力的なことですが、そこで十分に注意しておきたいのがデザインや間取り、住宅機器や設備、構造材などの希望がどこまで叶えられるかです。

 

大手ハウスメーカーの住宅では、多くの物件を取り扱っており、広い範囲の施工に対応できる傾向がありますが、反面オリジナリティには弱いことがあります。

 

デザインや間取りなどに独自のこだわりや希望を反映しにくいこともあり、思ったような設計や機能を取り入れられないと暮らしやすさに不満が残ります。

ハウスメーカーには優秀なデザイナーがいるため最先端でとてもおしゃれなデザインが提案されますが、それが規格化されてしまい、個別の自由な設計やデザインには対応が難しい場合があります。

 

オリジナリティにこだわりたいという場合には、設計事務所や工務店の方が柔軟な対応が可能となるかも知れません。

 

また、ハウスメーカーでは自社施工を謳っていても、実際に工事の部分を地方の工務店や大工などの下請けに外注していることも多く、デザインの調整や変更などの相談をする相手と工事に当たる人が違ってしまい、対応が遅れる可能性もあります。

ハウスメーカーごとの強み

 

ハウスメーカーを選んで家を建てるなら、そのメーカーのオリジナルのこだわりを見極めたいものです。

 

ハウスメーカーと言っても、得意な施工方方があったり、素材にこだわっていたり、エコ住宅の推進を行っていたりとさまざまな傾向があります。

 

そんなハウスメーカー一つ一つのこだわりの部分を比較することで、自分の希望する家との相性を考えることができます。

 

最近人気なのはエコを重視した家づくりです。これは三重県に限らず全国的な傾向として言えることですが、実際にエコを売りにしているとあるハウスメーカーがここ数年で急激に受注棟数を増やしています。

 

また、耐震性や耐久性を重んじた基礎や構造の強度や、オール電化、太陽光発電などの設備の導入などもこれからは考えておきたい条件となるでしょう。

三重に馴染む家を建てたいならハウスメーカーより地元工務店

 

家に求めるこだわりは人それぞれですが、中には「三重の木を使って建てたい」「三重の気候風土に合った家にして欲しい」という希望をもつ方も少なくありません。

 

そういった要望は、全国で建材やデザインを規格化しているハウスメーカーでは対応しにくい部分です。

 

三重県らしさを求めるなら三重県の会社がやはりお勧めです。

 

自分の希望とハウスメーカーまたは地元会社の得意分野、こだわりなどが合致することで、柔軟でスムーズな計画の遂行やコストカットが出来る可能性もあります。

 

大工の技術とスピード

 

ハウスメーカーで家を建てる場合には、大工の技術の高さにも注意が必要となります。

 

工場生産の資材を利用するにしても、実際に家を建てるのは人の手です。そのため、大工の技術や得意分野をよく知った上でハウスメーカーを選ぶことは非常に重要なことなのです。

 

前述したとおり、フランチャイズ方式の場合は家を建てるのはメーカーではなく地元工務店や大工です。また、FCではなくても、工事を下請け工務店に外注することは珍しくありません。

 

依頼する前には、実際に同様のエリア内で建築した施工例などをしっかりと見せてもらって下さい。住宅展示場やモデルハウスからは分からない面が見えてくるでしょう。

 

まとめ

大手ハウスメーカーはどちらかというと柔軟性に欠けるイメージがあるものです。

 

そのため、あらかじめ業者の傾向をしっかりと調べておき、自分の希望している間取りやデザインなどが実現できる条件を持っているところを選ぶ必要があります。

 

また、ハウスメーカーの場合は営業担当者も色々な人がいます。中には経験の浅い営業マンやどうしても相性が合わない人もいるでしょう。そんなときは担当者を変えてもらうのも手です。

 

せっかくそのメーカーの家の特徴やサービスが気に入ったのであれば、担当者一人との相性で諦めてしまうのはもったいないでしょう。担当者変更ができるのは大きな会社ならではのメリットとも言えます。

 

注文住宅の場合、まだ実在しない家の契約をするわけですから、担当者と絶対的な信頼関係が築けなければスムーズには進みません。ハウスメーカーと同様に「人」も選ぶことが大切です。

 

三重県内の住宅展示場一覧

桑名ハウジングセンター 三重県桑名市江場436

中日新聞四日市ハウジングセンター 三重県四日市市日永東3丁目10−4

鈴鹿ハウジングセンター 三重県鈴鹿市江島町202

伊勢・明和ハウジングセンター 三重県多気郡明和町中村1178

ABCハウジング名張住宅公園 三重県名張市瀬古口字藤ノ木495-1

津ハウジングセンター 三重県津市垂水214−1

 

*上記は複数のハウスメーカーが集まる総合展示場の情報です。各社が単独でモデルハウスを建てている展示場や三重県のビルダー単独の展示場は含まれていません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オリジナル資料請求キットプレゼント!!

モリダイの家づくりの魅力が詰まった、オリジナル請求キットプレゼント!!


三重県でマイホームの購入で少しでも不安のある方にとっておきのプレゼントです。


一生に一度の家づくりを後悔しないためには、知っておかなければならない重要なポイントがあります。

資金計画はもちろん、土地や住宅についての知識や情報も必要です。


このオリジナル資料請求キットには、家づくりの知識や重要なポイントをわかりやすく解説した

「家づくりはじめてガイドブック」や「モリダイのフルカラー建築事例」が同封されています。


詳しくはこちらから

SNSでもご購読できます。