お金の話

公務員は住宅ローンの金利が優遇される?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

かつて、公務員専用金利公務員専用住宅ローンが存在していたことをご存じですか?住宅ローンの金利が優遇されやすいので、一般の会社員からしてみればは羨ましい限りです。そんな公務員における金利優遇は、現在も続いているのでしょうか?

 

公務員の金利優遇は今も続いている?

実際のところ、現在は一部の金融機関のみ公務員専用のフリーローンが存在します。しかし、公務員専用の住宅ローンの取扱いはなくなっています。その要因として、住宅ローンの金利水準が大きく下がっており、わざわざ公務員専用ローンを設定するメリットがないことが挙げられるでしょう。ですが完全に公務員の優遇がなくなった訳ではありません。公務員は、雇用や収入が安定している職業の1つです。金融機関にとってみれば、公務員のような返済保証が持てる人にこそ顧客になって欲しいものです。

 

金利優遇を受けやすい人とは?

金融機関側は、住宅ローンの貸し付けを行ううえで「返済リスクが低いこと」を重視して考えます。たとえ公務員でなくとも、勤務先が安定していて高い収入を得られる人は、返済が滞る心配が少なく、金利を優遇してでも貸し付けたいと思われる傾向にあります。では、公務員の場合はどうでしょうか?公務員という職業は、解雇のリスクが少なく、倒産の心配もありません。例外を除けば、定年を迎えるまで雇用は安定していると言えるでしょう。

 

また、民間企業は給与水準によって年収が変わるため、収入も安定しています。他にも、ボーナス払いを利用しやすい人が多かったり、退職金が約束されているということも金利優遇されやすいポイントになるのではないでしょうか?

 

公務員は必ず審査が通るという訳ではない

公務員だからと言って、必ずしも審査に通る訳ではありません。たとえば、審査に落ちてしまう判断基準として、以下のような内容が挙げられます。

 

・信用情報に問題がある場合
・他の借り入れが多い場合
・借り入れ額が多く、返済の負担率が高いこと
・健康状態が悪い場合

 

このような場合、公務員であっても審査に通らない可能性はあります。審査基準に関しては他の職業と変わらないので、場合によっては審査が通らないこともあるのです。公務員だからと安易に考えず、審査におけるポイントをクリアできているかどうか、事前に確認しましょう。

 

また、公務員に限らず、一度審査に落ちてしまうと一定期間それが履歴として残ってしまいます。履歴に記載があると、更に住宅ローンの借り入れが難しくなるため、気をつけなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


資料DLページへ

SNSでもご購読できます。