お金の話

金利一覧表を比較して住宅ローンを検討しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンを組んでから後悔しないためには、住宅ローンの正しい知識と選び方が重要です。ここでは、住宅ローンに欠かせない金利に関する情報を紹介します。金利一覧を活用して、よりお得な住宅ローンを検討しましょう。

 

住宅を購入するための住宅ローン

住宅は非常に高額なので、自分が所有しているお金だけで購入することは非常に困難です。そのため銀行でお金を借りて買うことになります。この仕組みを「住宅ローン」と呼んでいます。最近は「借り換え」と言って、すでに借りている銀行から他の銀行に乗り換える住宅ローンの方が重要度が高いと言われています。できるだけ低金利な住宅ローンを選んで、少しでも返済総額が少なくなるように銀行を選びましょう。

 

マイナス金利の影響

現在はマイナス金利の時代と言われており、ただ単に銀行にお金を預けるだけでは何のメリットもないといわれています。しかし、住宅ローンに関しては、そのデメリットこそが大きなチャンスです。マイナス金利になれば金利が低くなるので、多額のお金を借りても支払額につく利子が少なくなります。1%をきる金利もあり、これから住まいを購入する方や借り換えを試みようと思っている方には願ってもない機会です。

 

住宅ローンの金利は交渉すれば値下げ可能?

住宅ローンの金利は、低ければ低いほど生涯使うお金の割合が少なくなります。だから、たった0.1%下がるだけでも長年支払い続けることで総支払額はかなり大きく変わってくるんです。そのため、銀行に交渉して金利を値引きしてもらおうと考える人も少なくありません。

 

しかし、住宅ローンの金利は優遇金利と言ってほとんどの銀行で、すでに値引きされた状態になっています。ですから、他の銀行の金利を挙げて値引き交渉しても、当然受け入れてもらうことは難しいでしょう。

 

住宅ローンの借り換えは金利一覧で比較する

住宅ローンの金利は、半年すれば0.5%程度変動する場合があります。借り換えは、金利差の大きさがすべてなので一目でわかる金利一覧表で比較するのが一番です。絶好のチャンスを見逃さないために、半年に一度のタイミングで借り換えをするのがおすすめです。

 

検討だけであれば費用は発生しないので、シミュレーターに入力してチェックしてみましょう。すでに住宅ローンを契約している人も、無関係だと切り離して考えず金利動向を確認するための作業として取り入れてみてはいかがでしょうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


SNSでもご購読できます。