家の話

桑名で新築住宅を建てる人が絶対知っておきたい5つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

新築住宅購入は、誰もが憧れる幸せの象徴と言えます。

 

思い切って購入に踏みきる際には、後悔のない選択をしたいものです。

 

桑名市で新築住宅を検討している方に知ってほしい5つの基礎知識を紹介します。

 

住まい作りは一生に何度もある経験ではないので、分からないことがたくさんでてきて当然です。

 

正しい知識をふまえた幸せなマイホーム取得プランの参考として頂ければと思います。

大学がない桑名市。子どもの進学先は?

 

新築住宅を買うためにはまず立地を選ぶ必要がありますが、目先の生活を意識するだけでは不十分です。

 

今の家族のあり方と5年後、10年後の姿は変わってくるのが当然で、将来的な利便性まで意識して選びましょう。

 

たとえば、保育園や幼稚園に通っているお子様がいるご家庭です。数年経ったら小学校に進学するため、通学に便利な立地が適しています。

 

10年以上経って高校生や大学生になったらどうでしょう。桑名市には高校は公立が4校、私立が1校、大学はゼロです。多くの学生が公共交通機関を利用して通学します。バスや電車へのアクセスが悪いと、通学に不便です。

 

場所によって名古屋はぎりぎり通学圏内

 

教育熱心な親御さんには、名古屋がギリギリ通学圏内ということもポイントになってきます。

桑名駅から近鉄やJRを使えば名古屋まで20分程度なので、駅に近いエリアであれば高校生でも十分通学できます。

 

また、大学になると、通学できる距離か否かで、一人暮らしをさせるかどうかの選択をすることになります。実家住まいか一人暮らしかでは、子ども本人だけでなく家族の生活や家計にも大きく影響してきます。

 

リフォームできない土地選び

 

どんな子育てをしたいか、理想の子育てを実現するには周囲にどんな施設があると便利か考えて、納得できる結論を出してください。

 

全てをクリアすることはできなくても、総合的に判断して条件が良い土地を選ぶことは可能です。

観光地というイメージが強い桑名市ですが、マンション建設が相次ぐ利便性の良い都市でもあります。

間取りや住宅機能などは将来的なリフォームで対処することができますが、立地だけは変えられません。

 

住み始めたところで不便さを感じても、どうにもならない問題と言えるでしょう。

 

立地選びを間違えると、新築住宅づくりのスタートラインでつまずきます。

 

環境の重要度を理解のうえ、何をもっとも重視すればよいのか、ご家族で相談しつつ決めましょう。

ショッピングモールもあれば未開拓地も多い桑名市

建売物件を検討している方の場合は、新築住宅そのものを実際に確認して購入を決めます。

 

一度行って気に入ったから契約、というのはやや焦った判断で、複数回足を運び検討しましょう。

 

これは土地選びにも言えることですが、朝・昼・夜と異なる時間帯で物件を見ると、思わぬ難点が見えてくるケースがあります。

 

具体的な例をあげると、夜の安全性です。

 

明るい昼間に見たときは日差しが差し込む素敵な物件のように感じても、暗くなってから現地に行くと、街灯が少なくて不安を感じることがあります。

 

桑名駅から北西方面へ行ったところにある住宅地では、昼間は家並みがあるため拓けているように見えますが、古くからある町のため街灯整備がやや遅れているエリアもあります。

 

逆に、国道1号線や3号線、28号線に近いエリアでは、時間帯によって騒音や渋滞が気になって、穏やかな生活環境とは言えないこともあるでしょう。

 

マイカル桑名ができてすぐの頃、ショッピングが大好きな私の知人がマイカル桑名から徒歩圏内に家を建てて夢のようだと言っていましたが、数ヶ月もすると毎週末の渋滞と人混みにうんざりしていると言っていました。(最近ではそうでもないようですが…。)

さらに言うと、大雨の日や風が強い日をあえて選んで見学に行くと、周辺環境や家の性能がよく分かります。

 

庭から玄関までのアプローチに大きな水たまりができたり、室内にいるのに風の音が気になったりしたら、考え直す必要があるでしょう。道路から少し下がっているような土地では、特に雨水対策は要チェックポイントです。

 

建売住宅の場合、予算の範囲で調整できる価格帯で、新築ピカピかの気に入った物件があると即決したくなりますが、少し冷静になるときです。

 

周囲の環境は自分たちの努力ではどうにもならない部分であって、改善できない問題点に後から気付いたケースでも泣き寝入りとなってしまいます。

 

考えうるマイナスポイントを順番に検証していき、想像している理想の暮らしができそうかゆっくりと考えてみましょう。

 

桑名の工務店や設計事務所

 

注文住宅で住まいを検討している場合には、工務店や設計事務所などの住宅会社を探します。

 

桑名エリアだけでもたくさんの会社があって、ホームページを見ているだけだとどこが良いのか分かりません。

 

桑名警察の近くに大手ハウスメーカーが集まるハウジングセンターがありますが、大手なら安心と安易に決めてしまうと、思うような住まいを形にできないリスクがあります。

 

住まい作りのブログや評価サイトを見ていると、同じ会社でも随分評価が分かれます。

 

デザインテイストが好みで素敵な家ができた、と喜ぶお客さまがいる一方で、見積もりが不透明など酷評を出されることもあります。

 

理由は単純です。

誰が行っても100%最適、と言えるような会社はない

よほどの悪質業者でない限り、一定レベルの基準を満たした住宅を提供しているはずで、明らかな欠陥住宅を押し付けることはありません。お客様を騙そうとしたり意図的にないがしろにするような営業マンもいないでしょう。

 

それでもマイナス評価がでてしまうのは、業者とお客さまの相性の問題であって、上手にマッチングできなかったところに問題があります。

どうやって相性が良い業者を探せばいいかは難しいところで、実際に複数の業者に声をかけて印象を確かめていくより他ありません。家づくり素人である施主さんにとって、家の性能を見抜くことよりも、人として信用できるか、その人(会社)はこだわりをもって家づくりをしてくれるか、を見極めるほうが重要です。

 

カタログ請求やモデルハウス見学で対応してくれたスタッフの様子や疑問点を質問したときの対応から、自分にあった業者かどうか判断します。

 

桑名の場合は、古くからある地場工務店もあれば、フランチャイズなどを利用してここ数年で一気に事業拡大しているビルダー、大手ハウスメーカーなどがバランス良くあります。また、戸建て率も高いので、友人や知人からの信用できる口コミも重要な情報源になります。

 

デザイン重視の設計事務所となると選択肢は多くありませんが、設計やデザインだけを県外の事務所に依頼し、工事を桑名の工務店などにしてもらうという方法もあります。(個人的にあまりお勧めしませんが。その理由はまた別の機会で改めてお話ししたいと思います。)

 

社長の姿勢=会社の姿勢

 

従業員数10人以下の小さい工務店や設計事務所であれば、社長の姿勢がイコール社の姿勢だったりしますので、ぜひ社長にも会ってみて下さい。と言うより、少なくとも一度は社長が出てくるのが一般的です。

 

逆に社長が一度も顔を出さないような会社は、何かしら事情があるのか、ただ単に社長が社員に仕事を丸投げしてしまう統率のとれていない会社かもしれません。

相性が合わない会社は潔く切る

 

最初の対応は誠実なように感じても、満足がいく提案がなければ考え直すのが得策です。

 

全国的に見ても比較的おだやかな性格と言われる三重県民の性格からか、一度付き合いのあった人に「あなたとはもう付き合わない」と言うのが苦手な人が多いです。

 

しかし、無理して関わり続けてもお互いに良い結果にはならないので、新しい業者に声をかけて検討し直すといいでしょう。

 

何千万円もするような買い物を即決する人はなかなかいないので、住宅会社は見込み客に断られることには慣れています。逆に依頼するつもりがないのにいつまでもプランの練り直しなどに時間をかけるのは、住宅会社側にとっても嬉しくありません。

 

断りにくいな、と思ったら、ご自身のためではなく、その住宅会社のためを思って潔く断りの連絡をして下さい。

 

一番良くないのは、連絡なく去っていくパターンです。気持ちは分かりますし、実際にそういう方は多いですが、家づくりうんぬん以前に、人として誠意ある対応をすることはお互いに大切です。

要望に優先順位をつけて検討する

 

一生に一度の買い物だからと欲張ってプランニングしてしまうと、住宅ローンの支払いが大変になります。最新性能のハイスペックキッチン、耐震構造、太陽光発電システムなど魅力的に感じるポイントはたくさんありますが、考えていた予算を超えてしまうようなら内容を見直しましょう。

 

優先順位を決めるのが取捨選択の近道

 

マイホーム購入を考え始めた根底の理由であり、どうしても譲れない内容は、優先度が高い要望です。家族と意見交換をしながら、要望を取捨選択していきます。

庭づくりにこだわる人もいれば、お風呂やキッチンを重視する人もいます。とにかく冬温かい家に住みたい、という人もいます。

優先順位決めは土地選びの段階から

 

少し順番が前後してしまいますが、優先順位の検討には土地選びも含まれます。家自体は小さくてもいいので、愛犬のドッグランをつくれるぐらい大きな庭のあるマイホームにしたい、という方もいましたし、長島に住んで露天温泉風呂をつくりたい、という方にお会いしたこともあります。

 

優先順位を付ける作業は、土地決定の前から始めて下さい。

 

 

 

プラニングの自由度は注文住宅の魅力ですが、予算を度外視することはできません。

 

どうせ新築するなら夢を全部叶えたい、という気持ちも分かりますが、その結果住宅ローンが家計を圧迫して、最悪家を手放すことになってしまったら元も子もありません。

 

そして、よくある「30万円ぐらいの追加ならいいじゃん」といった金銭感覚の麻痺にも注意が必要です。普段の生活で30万円の買い物を即決する人はなかなかいませんが、単位が大きくなる新築の見積もりを見ていると、数十万円を「ぐらい」と錯覚してしまうことがあります。

 

夢のマイホームを確実に手に入れるための工夫として、費用対効果の高い住まいづくりを意識しましょう。

 

不安点を全てクリアにしてから話を進める

 

モデルハウスや現場見学から、基本プランづくり、見積り、契約手順にいたるまで、いたるところで分からないことがでてくるはずです。ほとんどの人にとって家を新築するというのは始めての機会なので仕方ありません。

 

しかし、疑問点を残したまま先のステップへと進めてしまうと、後のトラブルにつながります。

 

業者は時として、彼らにとっての当たり前を前提に話をしてしまうことがあります。しかしプロでない施主には理解できないこともあるでしょう。

 

こんなことを聞いてもいいのか、こんなことを知らない自分は恥ずかしいなどと考えず、何でも相談してみて下さい。

 

とくに追加費用や機能については悩ましいところで、自分としては希望していないのに業者の判断で話が進むケースがあります。

 

一般的には、などの言葉にまどわされず、ご自身の価値基準で判断しましょう。

考えた結果として自分には不要なものと感じたら、迷わず「ノー」を言うのが正解です。

 

まっとうな業者であれば、施主の意向を尊重します。

 

場合によっては、その追加をお勧めする理由をプロの立場としてしっかり説明してくれるでしょう。

 

一番避けたい状況は、分からないままに話が進み、取り返しがつかないところまでいたることです。

 

後で変更を言い出しても、お互いに嫌な気持ちになるばかりか、余分な出費も増えていきます。

 

分からないことを質問するのは消費者として当たり前の権利ですが、新築住宅のように大きな買い物になると原則を見失いがちとなります。

 

雰囲気に流されて後悔する結果とならないように、各工程での認識共有を徹底します。

まとめ

大型ショッピングセンターやレジャースポットがたくさんある桑名は、三重県で最も人気のあるエリアの一つです。生活もしやすく、新築マイホームの夢を実現するにはお勧めの場所と言えるでしょう。

 

難点を挙げるとすれば、名古屋や四日市への交通の便が良いため、土地の競争率が高く地価も高めです。そのため土地購入費と建物新築費のバランスを慎重に検討しなくてはいけません。

 

紹介した内容を参考に住まい作りに挑戦、家族みんなが笑顔になる夢のマイホームを実現して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

オリジナル資料請求キットプレゼント!!

モリダイの家づくりの魅力が詰まった、オリジナル請求キットプレゼント!!


三重県でマイホームの購入で少しでも不安のある方にとっておきのプレゼントです。


一生に一度の家づくりを後悔しないためには、知っておかなければならない重要なポイントがあります。

資金計画はもちろん、土地や住宅についての知識や情報も必要です。


このオリジナル資料請求キットには、家づくりの知識や重要なポイントをわかりやすく解説した

「家づくりはじめてガイドブック」や「モリダイのフルカラー建築事例」が同封されています。


詳しくはこちらから

SNSでもご購読できます。