お金の話

住宅ローン金利の今は?下がった固定金利と借り換えのタイミング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今、10年超の固定金利が僅かに下がっている銀行が増えています。2017年8月、残っている期間に関わらず全体的に金利が0.04%~0.1%ほど下がっているのです。この低金利の波がきているなか、借り換えをしたほうがいいのか、どのタイミングが借り換えに最適な時期なのかを解説していきます。

 

金利が低ければお得?

過去1年間の動きをみると、変動金利と5年固定の金利が低めだとわかります。その低さは過去最低水準で、続く10年固定、35年固定も過去の最低基準に近い金利です。金利が低くてお得になるなら、今すぐでも借り換えをしたいと思うかもしれませんが、少し待ってください。借り換えでお得になるかどうかと、むいている・いないは別物なのです。

 

ポイントは、借り換えがむいているかどうか

乗り換えるメリットは、低い金利に借り換えることで負担を減らせること、別のお得なプランが付いているローンでリスクを減らせることがあります。しかし、手続きには時間とお金が必要なので、今のプランと支払額に満足している方は無理に行う必要はありません。

 

しかし、乗り換え費用で一時的に残高が増えても、それを加味して合計の支払い金額が減るプランを選んで借り換えることができるのであれば、借り換えたほうが良いでしょう。現在は様々な乗り換え費用なども含め、0.5%以上金利が下がるのであれば、お得感のある借り換えができるといわれています。

 

金利に敏感に!お得になるタイミングを探そう

どんなときが、最適な乗り換えタイミングなのでしょうか。金利は、国や世界の情勢の影響によって敏感に変動します。金融機関のなかには、変動が数カ月に1回という所やネット銀行のようにあまり変動しないという所もありますが、基本的には世界の雰囲気で決まると言っても良いでしょう。

 

最近ではミサイル騒ぎがありました。あのような出来事はないと願いたいですが、不安定な情勢になると安定志向へ向く人が増え、銀行もそれに応じて長期金利を下げる傾向にあります。そういったタイミングで乗り換えを行うことができれば、ローン返済の負担を軽くすることが可能です。

 

少しでも安く抑えたいと思う場合、情報をより多く集めて予想することで、乗り換えタイミングをつかめるかもしれません。借り換えには1ヶ月ほどの時間と、残っている借り入れ残高にもよりますが50万~100万円ほどの借り換え費用がかかります。しっかりとプランと時期を吟味して、低金利への借り換えを成功させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


資料DLページへ

SNSでもご購読できます。