お金の話

住宅ローンを選ぶなら変動金利!その最大の魅力とは…?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンを返済するなら「金利は低いほうが良い!」。それは皆さんご存知ですよね。金利が低いほうが全体的な返済額が小さくなりますから、生活に余裕を持たせることができます。また、小さなお子様がいる家庭では、お子様の成長に合わせてお金が必要になるので、金利を選ぶ際は慎重にならざるを得ません。住宅ローンの金利には「固定金利型」と「変動金利型」がありますが、今日は「変動金利の魅力」についてご紹介します。

 

変動金利とは

返済期間中ずっと金利が変わらない「固定金利」に比べて、変動金利型は金利市場によって金利が上下することが特徴です。金利が上昇するというリスクがあるため、通常は変動金利型のほうがかなり金利が安いでしょう。

 

固定金利と比べても目先の金利が安いため、

・繰り上げ返済を使って返済期間を短くしたい方
・返済金額そのものを少なくしたい方

におすすめしたい住宅金利タイプです。

 

変動金利型の魅力

変動金利の見直しが行われるのは年に2回、毎年4月と10月のタイミングです。しかし、毎月返済プランの金利の見直しは5年毎なので、年に2回の金利見直しがあるからと言って焦る必要はありません。

 

たとえ金利が大きく変動したとしても、直前の返済額と比べて最大1.25倍までしか上昇しないと決められているため安心です。また、金利が低いということは、返済額に占める元本の割合が大きいことを意味しており、元本の減りが早いことが魅力のひとつといえるでしょう。

 

変動金利型のデメリット

変動金利のデメリットは1つ。それは「金利は変わる可能性がある」ということです。経済状況や金利動向によって、金利が大幅に見直される可能性があります。そのため、万が一金利がアップしても返済を続けていけるように備えをしておく必要があります。

 

もし、毎月返済できる額を超えてしまい未払いの金が発生してしまうと、元本がなかなか減らないというループに陥ってしまう可能性があります。住宅ローンを組む際に金利は非常に重要な問題です。固定金利型と変動金利型のどちらを選べばいいのかという問題は、今後の将来設計や経済動向を見ながら決めたほうが良いでしょう。

 

変動金利型には魅力がありますが、金利が安いからという理由で変動金利型にしてしまったがために将来大きな負債を抱える可能性も十分あります。脅すわけではありませんが、住宅ローンを決定する際は安心して払い続けられる金利であるかどうかを考えたほうが良いでしょう。必要に応じて専門機関に相談するのも良かもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


資料DLページへ

SNSでもご購読できます。