お金の話

三重県で住宅ローンを借り換えるなら金利を比較しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住宅ローンの借り換えは、今のローンより金利が安くなることを条件に考える人がほとんどです。今回は、三重にある各銀行の住宅ローンの金利がどのような状況であるか解説していきます。

 

借り換え申請には手数料が必要。最低1%の低金利が理想

三重在住の方が住宅ローンを借り換えるのであれば、地元銀行である百五銀行・第三銀行・三重銀行以外にゆうちょ・三大メガバンク・ネット銀行が候補にあがります。

 

銀行によっては、金利を引き下げる代わりに給与振込やカードローンの契約を必須条件にしている場合があります。銀行を変えても日常生活の入出金に支障がないのか、最寄りのコンビニで利用できるかも確認しておきましょう。また、借り換え時には、手続きをするための手数料等が発生するため、最低でも住宅ローンの金利を1%下がること見越して借り換えをするようにしましょう。

 

カードローンは、住宅ローン契約することによって特別低金利の対象になることがあるので、カードを利用している人は借り換え・おまとめローンを併せて検討してみましょう。

 

住宅ローン借り換えの金利で有利な銀行は?

三重県内にある各銀行の金利を比較してみると、変動金利では三重の各地元銀行よりも、みずほ・三菱UFJ・三井住友の方が0.6~0.7台で低金利です。しかし、固定期間を3年にした場合は第三銀行が三菱UFJに次いで低金利でした。また、固定期間を5年にすると第三銀行はみずほと同等になり、優秀な金利水準であることがわかりました。

 

固定10年のとき、三大メガバンクとの金利の差は大きいですが、金利固定の期間によっては地元銀行も決して悪くはないでしょう 。固定30年以上もしくは全期間固定の金利は、みずほ・三菱UFJのフラット35が低金利です。上乗せ金利を考えれば、この2つの銀行に絞っても問題ありません。

 

みずほは津市・四日市市・伊勢市に店舗があり、三菱UFJも津市・四日市市・松阪市・桑名市・伊勢市に支店があります。三重県内にある店舗数は地元銀行とは比べものになりませんが、支店のない三井住友や新生銀行、イオン銀行よりは利便性が高いといえるでしょう。

 

今回は、三重県での住宅ローン借り換えの金利を比較してみましたが、審査や条件などによっては希望の金利にならないことがあります。ですから、複数の銀行を候補に挙げて、実際の借入日の金利と比較した方が正確な数字が把握できて安心です。審査は申し込んでから数週間は要するので借入日が翌月になって金利が変わることもあるので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


資料を手に入れる

SNSでもご購読できます。