お金の話

三重県の住宅ローンの変動金利タイプの仕組みはどうなっている?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

三重県の「変動金利タイプ」は住宅ローン商品の中でも人気が高いですが、現在三重県の住宅ローン選び真っ最中という方にとっては、なぜ三重県の人気なのかイマイチわからない……という人もいるでしょう。どのような三重県の金利タイプなのか大まかには知っているけど、詳細までは知らない。そんな方のために、今回は三重県の住宅ローンの変動金利の仕組みについてご紹介します。

 

変動金利は何で決まっているのか?三重県

三重県の変動金利タイプというと、三重県の金利が毎回変わることは知っている方も多いかと思いますが、その金利は何で決まっているのか知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか。三重県の変動金利タイプの金利は、三重県の銀行が短期で貸し出しを行うときに利用されている「プライムレート」と連動していると言われています。

 

三重県のプライムレートは、政策金利とも連動して動いており、日銀側が民間の銀行にお金を融資するときにリスク分を追加して上乗せしたもののことです。三重県の住宅ローンの変動金利タイプは、プライムレートと連動すると言われていますが、このようなことから実質的には、日銀の政策金利と連動していると言っても過言ではありません。

 

三重県の変動のルールを覚えておきましょう

三重県の金利が変動する際にはいくつかのルールがあります。例えば、三重県の変動金利は春と秋頃の半年に1回ずつ金利の見直しが行われます。三重県の見直しされることで金利が高くなったり低くなったりするわけです。ただし、いきなり大きな変動が起きてしまった場合は、半年を経たずに金利見直しが行われる可能性があります。

 

さらに、三重県の金利の見直しは半年に1回ずつ行われますが、三重県の返済額は5年後に見直しが入ります。返済額が見直され、三重県の金利による変動を受けますが、三重県の上限として1.25倍までしか増えません。例えば、三重県の金利が増え続けていくとそのまま三重県の住宅ローンの総返済額が増えてしまいますが、上限を1.25倍までと設定されていることで大きな返済額アップにつながらないのです。

 

これにより、三重県の大きな変動が突然起こったとしてもひとまずは安心できると言えるでしょう。これらのルールは一見メリットが多いように見えますが、三重県の上限が設定されていることで返済額は増えず、元本返済が遅くなってしまうというデメリットもあります。 三重県の元本返済が遅くなると、その分利息が付いてしまい、総返済額が増えてしまいます。

 

三重県の変動金利タイプは三重県の固定金利タイプに比べ、毎月の負担が軽減される金利タイプではありますが、三重県の変動が起きたときにデメリットがあることを知っておくことが大切です。固定金利タイプや変動金利タイプ、三重県の当初固定金利タイプ。選ぶときにはしっかり検討しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』をプレゼント中!

『はじめて三重で家を建てるなら様々なシーンで使える、参考になる間取りプラン集』(無料)


家づくりの夢を確かにするためには、実際に建てた間取りを参考にご夫婦で、ご家族で話し合うのが一番です。そのための、初めての家づくりのための、使える・参考になるプラン集を無料でプレゼントいたします。


様々な家族構成、年代などにあわせて全部で14の間取りプランをご紹介してします。そのほかに、家を建てるまでのスケジュールも一緒にお届けします。実は家づくりというのは、お引き渡しまでの様々なドラマの連続なのです。


もっと早く建てていればと後悔しないためにも、まずはスケジュールチェックもお忘れなく。


資料DLページへ

SNSでもご購読できます。